« ボヤいていないで | トップページ | 未来の電話 »

2020年1月21日 (火)

違いがわからん

いい天気の日中。

寒かったけれど、風はほとんどなかったので、穏やかだった。

 

最近、何度も取り上げている、姫路の回転焼「御座候」。

小豆が「紫さやか」という品種になったようなので、それを食べてみた。

御座候。

厚み。

姫路の御座候は、幅7cmほど、厚さ3cmほど。
この厚みがたまらんのよねぇ。

物価上昇ということで、最近、価格据え置き、でも、容量を減らす、というのが多い。

でも、御座候の場合は、容量はそのままで、値段を上げる、というやり方。
御座候の場合、型があるので、容量を少なくしようと思っても、その型を変更するコストが掛かるから、そういうことは簡単には出来ないんだと思う。

それでも、95円だから、まだ安い方だと思う。
少し前だと。60円台や70円台で買えていたんだよね。

割ってみた。

たっぷりあんこ。

御座候には、この赤あんと白あんがある。
(他の回転焼のように、変わり種はない。)

僕は、赤あんの方が好き。
白あんが嫌い、という意味ではない。
より、赤あんの方が好き、ということ。

見た目に関しては、以前のものと違いはわからない。

そして、味は?

さっぱり、違いがわからん!(笑)
食べ比べでもすればわかるのかもしれないけれど。

でも、これはある意味、いいことだと思う。

明確に味が変わったら、それが嫌、という人は離れていってしまうから。

以前のものと味の違いがわからない、ということは、紫さやかに置き換えてもいいっていうことだよね。

小豆が安定供給されて、手頃な値段で御座候が食べられるなら、紫さやかでもよし、だな。

 

理想は、出来立てをその場で食べることだけれど、そういうことはほぼないと思う。

持ち帰った時の僕の温め方。

・電子レンジで1分弱温め、
・オーブントースターで、裏表ひっくり返して、表面が少し硬くなれば終わり(オーブントースターの熱量次第で、3分程度)
(今使っているオーブントースターは、上部と下部で若干強さが違うので。)

こうすると、中のあんも温かく、皮はカリッとしたものになる。

電子レンジだけだと、皮がフニャフニャになるので、オーブントースターで追い焼きするのがベター。

僕はこうやって温めるので、上記写真群の皮には、焦げ目がついている。

|

« ボヤいていないで | トップページ | 未来の電話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボヤいていないで | トップページ | 未来の電話 »