« このことかぁ | トップページ | 原点を体験 »

2020年1月27日 (月)

L.A. Metal

朝から雨で、降ったり止んだり。

風がちょっと強かった。

 

こういう記事が目に入った。

LAメタル大御所ドラマー「令和」タトゥー 黒髪への憧れも!日本通の素顔(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

題名だけ見て、きっと、あのバンドのドラマーなんだろうな、と思ったら、やっぱりそうだった。

その人、そんなに日本のことが好きだったんだ。
わざわざ「令和」を入れ墨するくらいだから、よっぽどなんだろうね。
そして、黒髪にあこがれて、わざわざ黒く染めていたとか、へー、と思った。
日本人にしろ、向こうの人にしろ、ないものねだりだね。(笑)

せっかくなので、ちょっとL.A. Metalに関して。

まさしく、L.A. Metalが盛り上がっていた時、大きく見ると、Hard Rock/Heavy Metalが盛り上がっていた時に、そういう音楽を聴いていた。
僕の場合は、流行っていたから聴いたというより、聴き始めた頃から、流行り始めたっていう感じ。

その頃は、この手の音楽を聴く人が周りにほとんどおらず、寂しい思いをしていたなぁ。
そして、こういう音楽を聴いているっていうのを言うと、奇異な目で見られたし。(苦笑)
なんであれ、Hard Rock/Heavy Metalというジャンルは、当時、田舎町では肩身の狭い思いをして聴く音楽だった。

僕は、あまりL.A. Metalに関しては、足を突っ込まなかった。
L.A. Metalバンドに関しては、このバンドが好き!というより、この曲いいね、という程度。
それでも、L.A.、Los Angelsという場所は、キラキラ輝いていて、憧れというか、訪れてみたい!なんて思っていたなあ。

ざっくりと、そのL.A. Metalに分類されるというバンドを、僕の好みで分けてみた。

この曲いいね、というバンド:
Autograph、Black'n Blue、Great White、KEEL、Motley Crue、Quiet Riot、Ratt、Rough Cutt、Twisted Sister

中でも、Black'N Blueの「Miss Mystery」は、めちゃくちゃキャッチーで、今でも好き!

アルバムが好きというバンド:
Dokken、Giuffria、Leatherwolf
(White Lion、WingerもL.A. Metalに入るなら)

Dokkenの「Under Lock And Key」は捨て曲なしのアルバムだと思う。

苦手だったバンド:
Cinderella、Guns N' Roses、Poison、Stryper、W.A.S.P.
見た目、そのバンドのコンセプト、音楽的に、等々、当時、色々とこだわりがあって、これらのバンドは苦手だった。(笑)
今となってはそこまでそういうこだわりはなくなったから、今聴くと、なかなかいいじゃない、と思う曲があると思う。

僕は、ジャンル的には、Melodious Hard Rockが好きだったから、L.A. Metalはちょっと趣向が違うんだよね。

なんであれ、懐かしく思ったので、ちょっと書いてみた次第。

|

« このことかぁ | トップページ | 原点を体験 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このことかぁ | トップページ | 原点を体験 »