« 夏至 | トップページ | 準備完了 »

2020年6月22日 (月)

レジ袋

薄雲の晴れ。

昨日は日食だったのね。

後で気付いたわ。

その頃の姫路は雲が多かったと思うので、雲越しで太陽が見えることはあったかもしれないけれど、きちんとは見えなかったと思う。

 

7月からレジ袋が有料になるとのこと。

お店によっては、既に、有料化になっているところもある。

僕は、何年も前から、基本的に、レジ袋はもらわないようにしていた。

支払い時に「そのままで(レジ袋不要という意味)。」と言っていた。

まだ完全に有料化になっていないからなのか?
既に有料になっているお店では、「レジ袋、必要ですか?」と聞かれる。
もちろん、僕は不要なので、「いりません。」と答える。

僕はてっきり、レジ袋が有料化したら、無料でもらうことはなくなるので、自分から、何らかの発言をする必要性がなくなると思っていたのに、「レジ袋不要」と言わざるを得ない。
結局、僕にとっては、どっちでも発言しないといけないのは変わらなかった。(苦笑)
ただ、完全有料化になったらどうなるかわからないけれど。

レジ袋が有料化の目的は、環境問題(プラスチックごみをなくすということ)が一番大きいと思う。

でも、お店によって値段は違うけれど、価格は数円。

その程度ならいいや、と思って買う人は多いと思う。

有料化によって、多少はプラスチックごみは減るかもしれないけれど、それだったら、有料化の意味がないじゃない、と思う。

だったら、思い切って値段を上げてしまった方がいい。

例えば、1枚30円にするとか。

そうすれば、買わない人は多くなると思う。

この価格は単なる値上げではない。

この30円には、とっても重要な考えがある。

この30円に、寄付金を含めてしまうのである。

例えば、レジ袋が3円としたら、残りの27円を寄付金とするのである。

そうすれば、レジ袋を買うにしても、買う方は寄付も兼ねているから、そんなに引け目を感じないと思う。
お店はレジ袋代を最低限もらえるので問題ない。
(寄付をするということなので、お店の負担は若干増えるけれど、そんなにすごい手間になることはないと思う。)
寄付される側は、嬉しいと思う。

こうすれば、一石何鳥にもなるからいいのでは?なんて思う。

どこかの会社、というか、全てのお店、この案を実行して!!

|

« 夏至 | トップページ | 準備完了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏至 | トップページ | 準備完了 »