« 今頃になって | トップページ | userChrome.js »

2020年7月26日 (日)

Thunderbird 78

雨の予報だったけれど、午前中は全くの外れ。

太陽が見えていた。

午後には雨が降ったけれど。

 

昨日のBlogに書いた通り、少し前にThunderbirdのバージョン78が公開された。

68から一気に番号が跳ね上がった。

Firefoxに合わせるためにそういう番号にしたようだ。

個人的に思うんだけれど、あんまりバージョン番号って大きくない方がいいように思う。

バージョン218なんて、ありがたみがないと思わない?(笑)

桁を切り下げて、今だったら、7.8.1とかの方がいい。

閑話休題。

この78も問題児。

WebExtensionの時ほどではないにしろ、アドオンの仕組みが変わった。

よって、WebExtensionでは頑張って対応したけれど、もうこれ以上は対応しない、というアドオンが出てくるかもしれない。

僕が使わせてもらっているアドオンはどのくらい対応しているだろう?と思ったので、テスト環境を作って試してみた。

WebExtensionの時ほどではないようで、主なアドオンは対応してくれているようだ。
もしかしたら、正式対応ではないかもしれないけれど、動いてくれているものがほとんど。

ただ、一番動いてほしいあれが...

これについては、別途。

その動いていほしいアドオンに問題ないなら、結構早い段階で78に移行出来るかもしれない、と思っている。
(WebExtensionの時は、ウインドウが起動する度に少しずつ大きくなっていくというバグがあったこともあり、しばらく様子見をしていた。)

起動に関しては、以前よりも随分と遅くなった。もっさりとした感じで立ち上がる。

アドオンが一番大きな問題だけれど、今までとの違いを確認してみた。

一番大きな変化は、アイコン。

上が68.*で、下が78.*。

アイコンがかなり変わっている。

見慣れているからか、やはり上の方がいいな、なんて思うのである。
下の方は、素っ気ないというか、味気ないというか。

以前から、ツールバーのアイコンは、後者的な感じだったので、統一は取れた、ということかな。

 

次は、新たにアカウントの設定も、タブ内で表示するようになったこと。

以前は、オプション、about:config等をタブ内で表示するようになったけれど、アカウントの設定画面もタブ内で表示するようになった。

これも慣れということなんだけれど、若干窮屈に感じる。

 

どうにかならないか?というのが、受信したメールを開いた時に表示されるボタン群。

赤丸のボタン群がかなり主張していて、圧迫感がある。

残念ながら、ボタンを削除することは出来ないようだ。
ツールバーのボタンのように、それぞれのボタンの表示非表示、テキストの表示非表示の設定が出来ればいいのに。

68であれば、「CompactHeader」というアドオンで、ボタンを移動させることが出来たんだけれど、78以降は対応しないそうで、この状態で付き合うしかなさそうだ。

 仕方ないので、「userChrome.css」内で、

#header-view-toolbox .toolbarbutton-text {
display: none !important;
}

として、

のようにして、テキストだけ表示しないようにした。

ボタンそのものを表示しないようにするなら、

#header-view-toolbox {
display: none !important;
}

でいい。

 

些細なことかもしれないけれど、以前であれば、メール本文を開いた状態で閉じて、Thunderbirdを起動させると、そのメールが開いていたけれど、78ではそれがなくなったようだ。

 

大きな変化は、新規メール作成画面!

これはいい改善だと思った!!

新規メール作成画面のCCやBCCの表示のさせ方。

差出人の右側に、「CC」や「BCC」のボタンがある。
これを押せば、「宛先(TO)」の下に欄が出来る。

で、メールアドレスの表示のされ方がかなり変わった。これがとてもいい。

これは、68までの表示のさせ方。

メールアドレスが一行一行に表示されていて、全て見ようと思うと、スクロールしないといけない。

78では、こういう表示になった。

一行一行ではなく、表示出来る限り、並列になり、一望できるようになった。
また、数が多ければ、自動で上記のように枠が広がる。

なんでもっと早くこういう風にしなかったのだろう?と思う。

もちろん、同じ数のメールアドレスを張り付けている。

68までは、一行一行でTOやCC、BCCとかを選択出来ていた。

78では、移動式になった。


これは一長一短かな、と思う。
前者にも良さはあるし、後者にも良さがある。

と、78では、インターフェースに結構変更があった。

これはバグなのか何なのか、というもの。

それは、アドオンのオプション画面が表示されない。
オプションがあるはずなのに、オプションボタンも表示されていない。

これはどういうことなのだろう?

先述した通り、僕にとって大事なアドオンのほとんどが対応してくれている。

そして、一番大事なもの、これの対応の仕方がわかったので、78に移行しようかと思っている。

次は、それについて書く。

|

« 今頃になって | トップページ | userChrome.js »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今頃になって | トップページ | userChrome.js »