« 新たな仲間 | トップページ | 見慣れない表示の電話 »

2020年11月28日 (土)

なんか違う

予報では、曇り。

でも、朝から太陽が見えていたので、恒例の紅葉観察。

 

明らかに、見頃は終わりだな、という感じだった。

太陽が出ていて、こうやって透けるとまだいいんだけれどね。

この時期であっても、まだ緑色の葉っぱがある。

面白い色付きだ。

これなんて、まだ緑。

この後どうなるのだろう?

これから冷えるようだから、染まるのかな?それとも、そのまま落ちてしまうのか?

ハート型の木は、もう散り始め。

綺麗に染まり切らなかったねぇ。

そして、姫山公園の主は?

明らかに、葉っぱが落ちているのがわかる。

地面を見ると、葉っぱで一杯。

この頃には曇り出してしまった。

赤く染まっているものを探して。

選んで撮影しているけれど、かなり散ってきている。

こうやって写真を通して見ると、いい感じなんだけれど。

曇ってしまったので、撮影終了。

以前と比べて撮影枚数がかなり減ってしまった。

お堀を見てみると、

なんか違うなぁ、と。

水が減っている!

掃除か何かのために、水抜きをしているのだろうか?

水面が静止していたので、

雲の映り込み。

水が少なくなっているので、和船もなくなっていた。

白鷺が一列に。

通りかかった観光客がこれを見て、白鷺が一杯、白鷺城だからね、なんていう感じのことを言っていた。

正面も水がなくなっていた。

と、紅葉はボチボチ終わりだね。

きっと、本州の海側の今年の紅葉って、こういう感じだったんだろうね。

曇ると、ひんやりだ。

|

« 新たな仲間 | トップページ | 見慣れない表示の電話 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな仲間 | トップページ | 見慣れない表示の電話 »