宣伝

2019年2月12日 (火)

姫路城 雪化粧 2019

昨日とは打って変わって、雲は多めだったけれど、いい天気だった。

もうちょっと気温が上がればいいんだけれどね。

昨日の雪の姫路城、動画も撮っていた。

やはり、動画の方が、「降雪感」が出るからね。

姫路城 雪化粧 2019

文学館のところでふと思って、撮影開始。

こうやって見ると、結構雪が降っていた、というのがわかると思う。

東側に来ると、降雪量も減ってきた。

こういう姫路城もそうそうないから、記録として残しておくのも大事だね。

YouTubeって、しょっちゅうなのか、たまたまそういうタイミングだったのかわからないけれど、僕が動画をアップロードしようとする度に仕組みが変わるから、操作に迷ってしまう...

毎回初心者気分である。(苦笑)

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

出来てきた

曇り空。

ドヨーンとしているけれど、雨雲ではない。

でも、気温を考えると、雪がちらついてもいいような雲だ。

浮かんだこの雲が気になった。

この間、シロトピアで桜を撮影したけれど、なんとまぁ、別の場所でも桜が咲いていた。

すっかり寒くなったのに、頑張るねぇ。

さてさて、2019年の壁掛けカレンダーが出来てきた!

年末進行で、忙しいだろうに、予定よりも早く発送してくれた。

この業者は、本当に素晴らしい!

毎年、出来上がったものを見て、今年のは最高だ!って思うんだよね。(笑)

今年のテーマは、「ニュージーランド vs 日本」。

交互に、それぞれの風景が見られる。

そういう見せ方なので、ちょっとした旅行気分にも浸れるかも!

今年のものと去年のものを並べて。

こうやって飾ると、翌月分も見られるからいいんだよね。

興味のある方は、ご連絡を!

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

ややこしい

天気予報と違う!

雨は、3時のおやつ頃の予報だったのに、朝から雨。

気温も下がってきた。

今、2019年のカレンダーを製作中。

ほぼ終わったけれどね。

興味のある方は、こちらをご覧下さい!

去年から、日付部分をマクロに変えたので、あっという間にカレンダーの日付が出来るようになって、とっても楽になった。

数値をちょこちょこっと変えると、一気に置き換わる。

とても気持ちいい。(笑)

とは言っても、念のため、間違いがないかチェックしないといけないので、それが面倒なんだけれど。

とにもかくにも、去年、頑張ってマクロを作ったので、本当に楽になった。

ただ、祝日に関しては、来年は特例がある。

来年は、ご存知の通り、今上天皇が退位され、現皇太子が天皇に即位される。

今カレンダーを作るなら、5月以降の元号は空白になる。

また、カレンダーの祝日が一年限りの変則的なものになる。

まず、即位の日である5月1日が祝日になる。

僕は知らなかったのだけれど、法律では、祝日にはさまれた1日だけの平日は、休日になるとのこと。

だから、5月1日が祝日になると、5月3日は憲法記念日なので、5月2日は挟まれ、休日になる。

更に、4月30日は、退位の日だけれど、祝日ではなく、平日。

その前日4月29日は、昭和の日なので祝日。

ということは、間に挟まれている4月30日は、休日になる。

まるでオセロみたい。(笑)

日本の場合は、そんなに祝日があるわけではないので、こんなことは滅多にないだろうけれど、来年はそういうことが起こる。

ということで、GWは、10連休になる。

おお!と思う人もいるだろうけれど、一方、悲しいお知らせ。

今上天皇の誕生日、12月23日は、当然なくなってしまうので、平日に戻る。

カレンダーを見ればわかるけれど、6月同様、12月も祝日がない月になるのである。

まぁ、世間一般的には、年末年始の休みがあるので、大きな影響はないだろうけれど。

昭和天皇の誕生日のように、平成の日にして祝日にすればよかったのにねぇ。

多分、そうなると思うけれど。

と、来年の祝日はこういう感じ。

ふと思って、再来年2020年の祝日のことを調べてみた。

これがねぇ、ややこしい!

2020年は、オリンピックが日本で開催される。

それに合わせて、祝日が移動したり消えたりするのである。

ここを見ればわかりやすい。

まず、スポーツ絡みということで、10月の体育の日がなくなり、その祝日が、7月24日に移動し、スポーツの日となるとのこと。

そして、通常であれば7月20日の海の日が23日に移動。

オリンピックの開会式の辺りに、祝日を集中させ、4連休。

もう一つある。

閉会式に合わせ、8月11日の山の日を10日に移動させ、3連休にする。

なんともまぁ、ややこしいことを!!

カレンダー制作会社泣かせだ。(苦笑)

いや、そういう会社だけではなく、コンピュータ関連の日付管理泣かせだ!!

たった1回こっきりのために、色々とプログラムを変更しないといけない。

こっちの方が大変だし、世の中に与える影響はかなり大きい。

それにしても、なんで体育の日をなくすの?

体育の日はそのままで、追加で祝日にすればいいんじゃないの?って思うのは僕だけではないはず。

この体育の日は、1964年の東京オリンピックの開会式の日の記念日であるのはわかっているけれど、まぁ、それはそのままでいいじゃない、なんて思う。

その体育の日をなくすのであれば、いや、なくしてほしくないけれど(苦笑)、2021年からにすればいいのでは?

いや、2021年からは、違う名前の祝日にすればいい。ただそれだけだ。

これも悲しいお知らせだけれど、その2020年の10月も、祝日がゼロになってしまう...

ということは、現時点では、2020年の祝日ゼロの月は、6月、10月、12月の3ヶ月も!

働き方改革とか働きすぎとか言っているのであれば、祝日は減らさなければいいのに、と思うのである。

あ、ちなみに、現在の皇太子の誕生日は、2月23日なので、2020年から祝日になる。

今上天皇、皇太子とも、23日生まれなんだね。

面白い。

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

完成 その2

気持ち、寒さはやわらいだ?という感じ?

雲が出たり、青空が見えたり。

午後は比較的、その青空がよく見えていた。

この間は、壁掛けカレンダーが完成した。

今回は、完成 その2。

卓上カレンダー。

今回は3種類作成。

一つは、この「ひめのそら」。

姫路城と、おおーという空を一緒に。

2つ目は、「そらもよう」。

不思議な空の現象の写真群。

3つ目は、NZの動物。

自分用には、「ひめのそら」にした。

来年は、この「ひめのそら」に癒やされるのである。

新旧。

左は、日本の風景。

こうやって並べると、明らかに違いがわかる。

ほんのちょっとのサイズの違いなのに、左は右より小さく見える。

面白いものだ。

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

完成

なんなの、この寒さはっっっッッッ!!

外にいたら、風が冷たすぎて、何もしていないのに、涙が出てくる。(苦笑)

来年のカレンダー完成!

今年もいいカレンダーが出来た。

左が今年のカレンダー、右が来年のカレンダー

こうやって並べると、2ヶ月分見られ、また、癒やしの風景が見られるので、とってもいいのである!

今年からこういう感じで飾っている。

来年のカレンダーを大きく。

1月は、Aucklandの新年の花火。

今はどうなっているかわからないけれど、これは、Rugby World Cupが開催される年のもの。

2018年のカレンダーのテーマは、「帆の街 vs 花の街」。

帆の街=Aucklandと花の街=Christchurchを比較、対象的に見せるようにした。

交互に変わっていく。

2月は、Christchurch。

これはデータの方。

今はもうこんな風には見られないけれど、在りし日の大聖堂前。

Maori Danceが行われていた。

と、こんな感じで、交互にそれぞれの街の風景が見られる。

日付に関しては、以前にも書いたけれど、六曜だけでなく、二十四節気も入れているので、季節感も感じられるものとなっている。

我ながら、いいカレンダーを作ったと思う!

誰も誉めてくれないなら、自分で誉める!!(笑)

興味のある方は、ご連絡を。

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

第3弾完成

今日は予報通りの天気だった。

午前中はなんとか太陽が見え、昨日に引き続き、暈が見えた!

午後は曇り。

それにしても、11月って、こんなに寒かったっけ??

金曜日に撮影した姫路城ファンタジーイルミネーションのビデオ、第3段として完成!

自分でもよーやったと思う。同じ素材で3本もビデオを作るなんて。

誰も誉めてくれないから、自分で褒める!(笑)

回数を重ねるごとに、ビデオ編集にも慣れてきて、結構短時間で完成。

やはり練習というか、経験は大事だね。

これら3つのビデオ、それぞれ違いがあるので、面白いと思う。

今回のものは、出だしを変えたし、アングルの違うものだし、もちろん、大事なシーンが入っているので、かなりいい感じ。

その大事なシーン、なんか観ていると引き込まれる。

やはり自然は偉大?!(笑)

そのビデオ、こちらからどうぞ!

『十のつき 一の月』

今日が最終日。

どのくらい人が集まるんだろうね?

そうそう、ピオレの屋上でもイルミネーションをやっているそうだから、観終わったら、そっちに行くのもいいね。

イルミネーションのはしごだ。(笑)

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

完成

なに、このさ・ぶ・さ・わ!!

薄曇りで、本当に寒い!

あぁ、数ヶ月前の、暑い暑いと言っていた日が懐かしい...

やっとビデオ完成!

何度も観返して、つなぎ部分を見直し、入れ替え、を繰り返した。

結構いい感じで出来たのではないだろうか?

やっと、ビデオ編集のコツがわかった。

ここまで出来るようになったら、次は音楽系の人たちのMusic Videoなんかを作ってみたいなぁ。

そういう機会が訪れますように!

それなりの出来に満足しているけれど、もう1回作ってみたい、なんて思っている自分がいる。

また金曜日に行ってみようかなぁ...

アングルは完全にこう、ていうのがわかったし。

とにもかくにも、こちらからどうぞ!

『十のつき』姫路城ファンタジーイルミネーション

題名、いいでしょ?(笑)

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

ありえない!

てっきり、朝から台風の影響があるのかと思ったら、拍子抜け。

太陽まで見えている!

撮影しようと思ったけれど、角度的に不可能だった。

だから、別の家に反射している強烈な光を撮影。(笑)

僕の背後が太陽となる。

日中、雨は降らなかった。

でも、風はちょっと強め。

こういう時に、こんな花を撮影するなんて、無理がある。

風に揺れて、動く動く。(笑)

間から出ている。

仲良く共生。

この花、寄ってよく見ると、中にも小さな花が咲いている。

本当に自然って不思議。

この間、赤色が強烈過ぎて飽和してしまったものを、露出を1段落として撮影。

なんとか見られるかな。

今日はビックリな、ありえない!ということがあった。

続きを読む "ありえない!"

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

徹底的に

台風の影響で雨。

でも、風は強くないし、雨もそんなに強くない。

雨雲レーダーを見ても、赤色はほとんどない。

明日も雨のようだけれど、台風の影響はそんなになさそうね。

今、来年のカレンダーの制作に手をかけているところ。

僕の作るカレンダーは、完全手作り!

だから、日付部分も手作りなのである。(笑)

去年から、表計算ソフトを使うようにして、随分楽に作業を進められた。

来年の日付部分を、去年作ったもので作業していた。

本当にあっという間に作業終了。

六曜まであるけれど、本当に作業が楽になった。

これはこれでいいのだけれど、なんかね、欲が出てきたというか、もっと楽できないかと思い始めた。

これが運の尽き!(苦笑)

日付部分を変更しながら、もうちょっとなんとかなりそうだな、なんて思っていただけだった。

寝る前に、ふと思って、表計算ソフトでのカレンダー作成について調べてみた。

すると、関数やら何やらを駆使して、自動化出来るというのがわかった。

僕の場合は、半自動化。

若干打ち込みをしないといけないし、計算式を変更しないといけない。

明日、つまり、今日でもいいかな、と思ったけれど、なんか気になって寝付けない。

あぁ、これはもう、性だ。(苦笑)

そこから、そのカレンダー作成自動化作業が始まった。

色んな関数を駆使すれば、日付部分だけではなく、色付けやら何やらまで自動化出来るんだね。

その代わり、関数やら計算式は複雑になるのだけれど。

今までこんなに表計算ソフトを使いこなしたことないや。(笑)
(VBAによるプログラミングは別として。)

特に、条件書式。これは今までほとんど使っていなかったな。

ある程度、こういうことができる、というのがわかったので、寝た。

1時過ぎかな。(苦笑)

で、面白かったのが、夢の中でもカレンダー作成のことが出てきたのである。(笑)

今日はどうせ雨。

出かけるつもりもなかったので、朝から徹底的にやった。

その結果、本当に、ほとんど自動化で日付部分が作れるようになった!

いやぁ、こういうのって、本当に嬉しいねぇ。

出来上がったのがこれ。

って、これではどれだけのことをやっているかわからないだろうけれどね。(笑)

変更するのは、年と六曜を参照する箇所だけ。

それを変更すれば、ここまで一気に出来上がる!

日付の並び、つまり、段移動やらが結構苦労したんだよね。段をずらす計算式が面倒だった。

この画像では、前月と翌月の数字が小さくなっているけれど、これだけはどうやっても自動ではできなかった。

どうも、条件書式には、フォントサイズの変更というのがないそうで。

VBAとか使えば出来るんだろうけれどね。

まぁ、そのくらいだったら、あっという間だからいいか、と思って、とりあえず放置。

数字の動き、六曜の動き、色の動きを見ていると面白い。

月の数字を変更すると、あっという間に変わるからね。

気持ちよすぎ。(笑)

上記だとわからないので、その切替の様子をGIFアニメでどうぞ!

せっかくなので、来年ではなく、東京オリンピックの時のカレンダーを見てもらいましょう!(笑)

ほとんど自動化なので、データ(祝祭日、六曜)さえ揃っていれば、こうやって難なく、一瞬にしてカレンダーが作れるのである。

7月まで切り替わっている。

若干間があるけれど、それは、月の数字を入れているから。

入れた途端に、ご覧のように、全ての情報が動的に変更される。

誤解しないでほしいのが、シートを移動しているのではないので。

一つのシートで、全てが動的に変更されている。

画面下のところで、こしょこしょ動いている。

シートの名前を変更しているだけ。そこで、月の数字を入れ替えて、一発変更できるようにしている。

その他の定数は、別のシートに置いている。

こういう動きを見ていると、本当に気持ちいい。(笑)

徹底的にここまでやれて、自己満足!(笑)

ここまで動的に出来る、ということがわかってもらえればいいです。

これが、最終的には、こういう感じになる。

今年のカレンダーだけれどね。

もう写真の方は選んでいるので、あとは貼り付けるだけ。

来年からは更に作業が楽になる!

でも、また新たに何かを追加しようとして、結局、カレンダー作成に時間を費やしてしまうかもしれない。(笑)

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

完成

予報では雨マークがついていたけれど、なんとか雨が降らずにすんだみたい。

でも、空気は「雨の匂い」がしていたんだけれどね。

やっと、やっと見つけた。

昨日から数えて、5軒目。(苦笑)

このダイソーは、昨日とは全く逆方向のダイソー。

だから、昨日はもう無理!と思って行かなかった。

探してみると、ここにはたっぷりとそのほしいものがあってよかった。

何を探していたか?

これ。

貼れるボードと言って、一般的にはノリパネと言っている。

片面がノリになっているパネル。

サイズは、A3サイズ。

以前、これをダイソーで見つけた時は、すんごく喜んだね。

正直、ノリの質は、それなりの価格のものに比べてちょっと・・・という感じだけれど、個人使用には問題ない、というか、気にしない。(笑)

何を作りたくてこれを探していたかというと、これの新しいものを作りたかったのである。

去年の10月の写心展の時に制作した、写真時計。

これ、ものすごくお気に入り。

でも、半年経って、そろそろ飽きた、というか、なんか違うものを作りたいな、と、昨日、急に思いついたのである。

それで、貼れるボードを探し回っていたわけ。

何を背景にするか?

自分の撮った写真?

いえいえ、ちょっと違うものにしてみました。

完成したものがこれ。

画家ミュシャの絵!

お気に入りの絵を選んで、それをプリントして、パネル時計にしたのである。(笑)

時計は、中央下に配置して、なんかいい感じ。

サイズは、A4サイズ。

画像の解像度の問題もあるし、あまり大きくてもあれなので、このくらいがちょうどいいと思う。

これは売り物にするわけではなく、個人使用なので、ミュシャ、許してね!

ミュシャの絵を見ていて、気に入ったものを選んだ。

僕のお気に入りは、例の4枚組の組み絵。

でも、全ての組み合わせが好きではないし、並べてみると、3枚しか並べられない。

だったら、好きなものにしよう、ということで、3枚選んだ次第。

左から、四つの花のバラ、四季の春、四つの花のアイリス。

一番好きなのが、真ん中の四季の春。

本当は、右端を四つの星の月にしたかった。

色のバランスが崩れてしまうので、正直、ものすごい好きっていう訳ではなかったけれど、「雰囲気」と「体の向き」が、他の2枚と違っていて、これでバランスがとれるかな、と思って、四つの花のアイリスにした。

僕が選んだ左側2枚の基準は、顔。

なんかキリッとしていて、好き。(笑)

右側は、穏やかな感じだよね。

これとは別に、候補があった。

一番好きな、四つの芸術の舞踏を真ん中に。

そして、四つの花のバラ、四季の春を両端に。

好きな絵ばかりなので、これはこれでよかったのだけれど、真ん中が主張しすぎていて、また、右端の四季の春のよさがかき消されてしまって、ちょっとな、と思ったので、先のものにした次第。

なんか部屋が華やいだ!(笑)

今、東京でミュシャ展をしている。

作ったパネル時計を見ながら、気持ちを盛り上げているところである。(笑)

これらの絵、大きなものを入手して飾りたいなぁ。

ほしいのは、上記が入っているもの達。

四つの芸術、四季、四つの花、四つの星。

このパネル時計、ある工夫をしている。

それはまた後日。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧