« 灯台もと暗し | トップページ | 編集終了 »

2010年11月13日 (土)

新たな経験

今日は結婚式の撮影。

とは言っても、式の最中は撮影できない。神前結婚式だから。というか、そこの会場は撮影禁止らしい。

だから、合間合間を撮影するというもの。

日本の結婚式に参加するって、10年以上ぶり。
そして、家にずーっと置いておいた背広も10年ぶり。(笑)
ここ1ヶ月で、ちょっと太ったから、腰回りはちょっときつめ。
それでも、そのまま着られるから、体系はそんなに変わっていない。

予定の時間ちょうどに現場に到着。

そして、スナップ的に撮影開始。

撮影していて、あ、これは日本の結婚式だわ、と思った。(笑)
他の会場では別のカップルが結婚式をしていたし。

今回のお二人は、和装。
僕にとっては新たな経験。
また、初めての場所での撮影だから、ちょっと要領を得ないけれど、まぁ、その辺は雰囲気を写し取るということで。

お二人が式に入られた時、式後に撮影する場所を探しにフラフラと会場内を歩く。
いくつかいいポイントがあったので、そこで撮影できればな、と。

一番いい場所は、外に日本式庭園があったので、そこでできること。
が、今回はそういう場所を借りるとかなんとかはないので、無理だろうなぁ、と。

式が終了し、お二人が出ていらして、お嫁さんが白無垢から衣装替え。

お嫁さんが衣装替えしている時に、世話役の人とちょっと雑談。
今は、圧倒的に様式が多く、神前式は少ないのだそうだ。
あと、11月としては、ちょっと少なめの結婚式の数、とのこと。
皆ジミ婚になってしまっているんだなぁ、と思った。

お嫁さんが戻ってきたので、全員、ご家族ごと、友達と、という感じでグループ撮影。

その後、世話役の人に、どこそこで撮影したい、という旨を伝えると、今はそちらでは別の方が使われているので、しばらくお待ちに、と。

さて、困った。時間はそんなにないので、どうしようか、と思っていたら、別のスタッフの人が、庭を使っていい、と。

てっきりダメかと思っていたけれど、OKが出て、これはラッキーだった。

背景にマンションとかがあったので、ものすごくいいとは言えなかったけれど、それなりの雰囲気は出たと思う。

その後は、いくつかの撮影ポイントで手際よく撮影。もちろん、面白写真も撮影。
ほぼ、フル装備で現場入りしたので、NZで撮影するのとそんなに変わらない撮影が出来、短時間の撮影だったけれど、それなりのものになったと思う。

あわよくば、NZでのように、勝手の知っている場所だったら、もっといい感じで撮影できたかも、と。
でも、それは仕方がない。

お二人には喜んで頂けたようで、それが一番である。
もちろん、写真はまだお見せしていないので、どういう感想を頂けるかは、まだわからない。

今回、和装での撮影は初めてだった。
和装って、ポーズに制限があるというか、あまり無茶できないので、ハチャメチャには撮影できない。(笑)
だから、バリエーションが出来るように、場所を変えるとか、小道具を入れるとか、なんとかしないと、ちと辛い。
そういう意味では、洋装の方が、思い切ったことができるなぁ、と思った。

もし、和装を撮影する機会があるなら、神社で撮影したいなぁ、なんて思う。
ああいう雰囲気の中であれば、色々なパターンで撮影できると思う。

1月下旬に、NZにて、和装の撮影があるから、とてもいい勉強になったのである。
NZでの、白無垢に青い空、青い海、緑の芝。
どう写るんだろうね。
今から楽しみでもある。

とにもかくにも、今回はいい経験をさせて頂いた。感謝感謝、である。

今日は一日曇り空だった。
町を見ると、霞んで見えた。
昨日もそうだったけれど、これも黄砂の影響なのだろう。

|

« 灯台もと暗し | トップページ | 編集終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯台もと暗し | トップページ | 編集終了 »