« 真っ黒焦げ | トップページ | 黄色 »

2011年3月23日 (水)

ブラウザ

PC関連の話なので、興味のある方は、以下をどうぞ。

少し前、Firefoxのバージョンアップで、挙動がおかしくなり、どうしたものか、と途方に暮れ、色々とやってみたことがある。

本当に動きがおかしかったので、動作の鈍いFirefoxを捨てて、他のブラウザに移行しようかと考えたくらい。

そこで、本当に乗り換えられるか検討をしてみた。

Webサイト構築のため、一通りブラウザはインストールしている。

IE8はもちろんのこと、Iron(Chrome派生)、Opera、Safari、と。

Iron(Chrome)の方は、随分前に、プラグイン対応になっていたのは知っていた。

じゃぁ、どこまでFirefoxの使い勝手に迫れるか、と色々とやってみたが、やはり同じには出来ない。
かなり近いところまで行ったんだけれどねぇ。残念。
でも、この軽快さは確かにFirefoxにはない。

Operaは、申し訳ないけれど、あまり好みではない。
それに、思ったほど拡張機能がなかった。

Safariは、論外。(苦笑)

FirefoxのWindows最適化バージョンのPale Moonも触ってみた。
こちらでは、Firefoxと同じバージョンでも全く動作は問題なかったんだよね。なんでだろう?
ただ、思ったほどFirefoxとの性能差が出なかったので、試用してみただけになった。

上記4つのブラウザでは、Ironが一番動きがよかった。
でも、Firefoxは、本当に使い勝手をよくしてしまっているため、そこまでもう一息、という感じだった。
一番残念だったのが、サイドバーという概念がないこと。
このワイド表示時代、左右のスペースは結構余っているから、サイドバーは必須だと思うのだけれど。

どれもダメだ、ということで、改めてFirefoxの方の動作確認。

色々と調べた結果、インストールしていたアドオンの相性が悪かったらしく、とりあえずそれを外して動かすことにした。

全てのアドオンを入れ直したので、ある意味すっきりした。

若干の不便を感じながらも、Firefox3.6.15で運用。

そして、いよいよFirefox4がリリースされた。

さすがに上書きは嫌だったので、別フォルダーにインストールし、プロファイルも分けて、それぞれ別に起動出来るようにした。

アドオンの方は、半分近くが対応しておらず、いくつか必須のものは、強引にバージョン情報を書き換えて動かすようにした。
それでも、あと少し、どうしても動かしたいものがあるんだけれど、それはバージョンアップされるのを待つしかないかな、と思っている。

見た目での一番の変更点は、ステータスバーがなくなったこと。
Chrome系と同様、必要に応じてポップアップする形になった。
何もそんなところまで真似なくてもいいのに、と思う。
ステータスバーは必要なので、ネットで調べてみると、Status-4-Evarというアドオンがあり、それを入れてみた。
以前と同じステータスバーが、ツールバーの一部として表示された。

気に入っていたテーマは、4に対応していないため、標準のテーマとなった。

見た感じが、Operaのようなごつさを感じた。
タブバーが上に来ていたので、以前と同じように下に持ってくるように変更。

標準のテーマのままだと味気ないので、Personasでも入れてみようか、と思って入れてみた。
でも、他人のものだとどうもしっくりこないので、ネットで作り方を調べて作ってみることにした。

出来たものはこれ。

20110323_01a

わかりにくいだろうけれど、ヘッダとステータスバーのところが、デフォルトとは違っている。

僕の撮った写真で、ヘッダー部分は、青空と黄葉(右端の黄色いもの)。これから秋だし。
ステータスバーのところは、青空と、雲少し。

青ベースのとっても爽やかなインターフェースとなったと思う。(笑)

噂通り、描画速度は向上しているよう。
3.6の時は、読み込みがワンテンポ遅れるような感じだったけれど、Chrome系ほどではないかもしれないけれど、結構サクサク表示されるようになった。
ただ、スクロールが若干もたつくような感じかな。

しばらくこれで運用してみようかと思う。

|

« 真っ黒焦げ | トップページ | 黄色 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真っ黒焦げ | トップページ | 黄色 »