« しとしと雨 | トップページ | 気分転換 »

2011年4月26日 (火)

勉強、勉強

今日の朝、2階のキッチンで朝食を食べていた。

すると、部屋に置いていた携帯が突然鳴った。

朝の7時半に一体誰だ?と思いながら、急いで部屋に戻ったが切れた。

あれから掛かってこない、ということは、多分、間違い電話だったのかと思うけれど。

さて、ソフトウェアに関する話。

興味のある人は次からどうぞ。

昨日の夜、寝る前に、ふと思って、あることについて調べ始めた。

DTPのCMYKに関すること。

今、僕の手持ちのソフトは、どれもCMYKには対応していない。

それで、ネットで検索をかけていると、以前得られていなかった情報が色々と得られた。

随分前にも、CMYKに関することで調べたけれど、その時は有益な情報は何も出てこなかったんだよねぇ...

なんであれ、今回は勉強になったのである。

何が勉強になったか?

一般的には、CMYKでファイルを出力するには、AdobeのIllustratorやらPhotoshopという、めっちゃ高いソフトを使わないと出来ない。
でも、そういうソフトでなくても、手頃な値段のソフトでも出来る、というのがわかったのである。

僕の普段の仕事では、そんな高価なソフトは必要ない。

ただ、写真の明るさ調整、色調整をしているだけだから。
編集をすると言っても、普段使っている安いソフトで十分間に合う。

Adobe製品を買うお金、20万円前後、があるなら、レンズを買うよ!っていう考え。(笑)

でも、時々、CMYKでファイルを出力出来れば、というシチュエーションがある。

一番は、印刷所に出す時。

出来ないものは仕方ないので、先方と相談するしかないし、そういうことってそんなにないから、Adobe製品には手を出していない。
費用対効果がものすごくわるいし。

普段の写真編集ではCorelのPaint Shop Pro(現Paint Shop Pro Photo)を使っている。
本当に、こういう安いソフトでも十分。
(長年使ってきたから、Photoshopの操作性よりも、こっちの操作性の方がとてもよく感じる。(笑))

ちなみに、このソフト、何かのおまけで付いてきた15年ほど前、バージョン4辺りから使っているのである。

で、DTPの手頃なソフトとは、灯台もと暗し...

同じCorelから出ていたのである。

CorelDRAWというソフト。

2種類あって、CorelDRAW Graphics Suite(いい方)でも、5万円弱。
CorelDRAW Essentials(廉価版)だと、1万円前後で買えるのである!

昨日、それを知って、いい意味でショックを受けたのである!!

しかも、そのソフトに付いてくる、PHOTO-PAINTっていうソフトは、僕が使っているPaint Shop Proと同じようなことが出来、かつ、CMYK出力にも対応していると言う。
なんでそういうソフトを手頃な値段で売りに出してくれない??
(随分前は売られていたようだけれど。)

とにかく、CorelDRAW Graphics Suiteを購入すれば、Adobeの20万円前後で出来るようなことが、「最低限」出来るのである!

更に驚くのは、CorelDRAW、Illustrator(ai)やPhotoshop(psd)形式で読み込みも書き込みも出来るのである!
さすがに、最新版ではないようだけれど、CS4まで対応とか。
それでも十分だと思う。
(完全互換ではないようだけれど、CorelDRAWに依存しないことであれば、問題ないらしい。)
しかも、PDF(PDF/X形式)でも出力可能。

Illustratorって、確か1ファイル1ページの保存だったと思うけれど、CorelDrawは、1ファイル999ページまでOKだって。
(まぁ、その場合は、InDesignを使うのだろうけれど。)

なんてこった!
こんなソフトが、買っていたところからずーっと出ていたなんて!!

僕は別にデザインのプロになろうというわけではない。
でも、何かあった時のために、という場合は、このソフトで十分だと思う。

更に、フリーソフトでそういうことはできないか、と思って調べてみた。

これも、以前出てこなかった情報。

オープンソースのGimp。これにプラグインを入れれば、TIFF形式のCMYKファイルが作られるらしい。
separate+というプラグイン。

試しにやってみた。
まぁ、何が正しいのかわからないから、なんとも言えないけれど、CMYKらしきものは出力されていたと思う。(苦笑)

このGimpは実用に耐えられないだろうけれど、CorelDRAWはほしいなぁ。
(フリーソフトで、sRGBからCMYKに一発で変換出来るソフトもあったけれど、なんかちょっと違っていたように思う。)

あとは、Suiteの方か、Essentialsの方か。

大きな違いは、カラーマネージメント機能があるかどうか。
(付属ソフトも違っているようだけれど、僕にとってはあってもなくてもよさそうなものだった。)

なくてもなんとかなりそうだけれど、でも、念のために、ということであった方がいいんだろうな。

本格的ではなく、手軽にやりたい人は、そのEssentialsの方でもいいと思う。
機能はほぼ同じだし。

もし、このソフトを入手出来れば、世界がかなり広がる。
ああいうこともしてみたいし、こういうこともしてみたいし、と夢が広がるのである。

とにかく、昨日から今日にかけて、勉強になったのである。

|

« しとしと雨 | トップページ | 気分転換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しとしと雨 | トップページ | 気分転換 »