« 鶏レバーの料理 | トップページ | Aucklandの中心部が!! その1 »

2011年8月 8日 (月)

悩む...

今日は、3ヶ月ぶりに散髪に行ってきた!

日本にいた時に、かなり短くしたので、いつもより更に期間が長くなった。(苦笑)
あと、冬だから、少々髪の毛がうっとうしくても我慢できたから。

僕の担当者と話をしていると面白い。
結構僕と考え方が似ているから、そうだよなぁ、と思うことがよくある。

彼は、いずれ独立したい、と。

てっきり、以前聞いていた通りかと思ったら、全く違うアイデアが出てきて、それを実行したいとのこと。

話を聞くと、それは面白い!と思うような内容だった。
実現したら、きっと注目されるだろう。

本人も、ワクワクしているとのことで、早くその時が来ればいいのにね。

髪の毛もさっぱりし、こういう話も聞け、いい散髪だった。

その後は、Canonのサービスセンターに行った。

1ヶ月前に、プリンターの件でメールを送信したけれど、返事がなかった。
あまり期待していなかったけれど、本当に来ない、というのがNZらしい。
いい加減だわ。

電話だと多分、変な情報を吹き込まされそうだと思ったので、直接行った。

受付に2人の白人女性が。

その一人と話をした。

僕の問題点は、プリントがだんだんとかすれてきた。
だから、プリター・ヘッドを入手したい、と思い、どうすれば入手出来るか、ということ。

彼女の話を聞いてみると、電気店で注文して買ってくれ、と。
多分、彼女は、インクタンクと勘違いしているんだと思う。

その横の女性が、僕の話を聞いていて、割り込み。

彼女はどうやら事情が飲み込めたようで、とある場所に行ってみれば、と。
彼女の英語、久しぶりにわかりづらい英語で、最初は聞き取れなかったけれど、どうやらそこは、Canonのプリンタ関連の修理やらをしている場所らしい。

直接行っても問題ないということなので、住所を教えてもらって行ってみることに。

その前に、Aucklandのとある場所に出向いた。
それは、別の記事にしているので、そちらを参照。

住所の場所に行ってみると、なんと、時々行くショッピング・モールのすぐそばだった!
何度もそこを通っていたよ。
でも、看板も何も出ていないから、そんな場所にそういう会社があるなんて知らなかった。

入ってみると、しっかりとCanonの文字があって、ホッとした。

事情を説明すると、在庫を調べてくれる、と。

少しだけ待って、結果を聞く。

在庫はある。
でも、そのプリンター・ヘッドは、税込みで$200ほどすると言う!

それって、新しいプリンターが買えるじゃない!!

彼もそういうことを言っていた。
だから、まずは、チェックした方がいいのでは、と。

作業費$50ほど払えば、チェックしてくれるとのこと。2,3日くらいで。

うーん、と考えてしまった。

まさかプリンター・ヘッドごときが$200もするとは思っていなかった。
あわよくば、$50くらい、いっても$100かな、と。

話をしていると、だったら、新しいのを買ったら?
ということで、目の前に積み上げられていた今出ている機種を見せてくれ、おおよその値段も教えてもらった。

値段を聞いていると、確かに買った方が安上がり。

とりあえず、この時点では結論出せないので、一旦家に帰って調べることにした。

NZと日本の機種って、同じような型番なんだけれど、微妙に番号が違っている。
でも、中身はほぼ同じなので、日本側の評判をネットで調べてみることに。

去年の秋に、実家のプリンターを買い換えた。
それとほぼ同等のものがこちらでも売られている。

買うならやはりそれかなぁ、と思ったけれど、どうもランニングコスト、つまり、インク代がかなりかさむらしい。

確かに、実家のプリンターでプリントしていて、結構早くインクがなくなっていた。

日本ならまだしも、ここNZは、倍以上の値段がする。
インク代がそんなにするなら、やはり新しい物を買うのは止めた方がいいのかな、と。
(今、インクがなくなりかけているので、買い換えるなら今のタイミングなんだけれど。)

あと、今使っているプリンターのスキャナー機能、すっかり忘れていたけれど、CCDなんだよね。
やはりCCDの方が、スキャンは綺麗らしい。

たまたま、実家のスキャン機能で読み取った本があり、それを見てみたけれど、納得・・・

そのスキャナー機能、ランニングコスト、色々と考えると、今のものが問題ないのであれば、そのまま使い続ける方がいいのでは?なんて思い始めている。

試しに、$50の作業代で見てもらおうかな、と思っているところである。

いずれにしても、動く限りは、このスキャナー機能を重視し、捨てないようにしようとは思っている。
(捨てるのであれば、そこの場所で引き取ってくれるとのこと。)

今のプリンターって、インクの方で儲けを出そうとしているから、本体は安いけれど、インク代が高いんだよねぇ...

|

« 鶏レバーの料理 | トップページ | Aucklandの中心部が!! その1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶏レバーの料理 | トップページ | Aucklandの中心部が!! その1 »