« 見つけた! | トップページ | そういう人がいたとは »

2012年1月27日 (金)

不正なことには必ず落とし穴がある

今日は朝から天気が悪かった。
本当に冬のような天気だ。

さて、一昨日、友達から電話があった。

なんでも、1週間ほど前に新しいPCを購入。
前のPCから環境を移行しているのだけれど、どうしても出来ないことがある。
それはメールの移行。

あるソフトから別のソフトへ移行したいのだけれど、メールデータがインポート出来ない。

まぁ、そういうこともあるんだろうけれど、なんか話を聞いていて違和感を感じたので、そのPCを購入したところから話を聞いた。

案の定、怪しい点があった。

その人の知り合いにPC関連もやっている人がいて、その人が手頃な値段でWindows 7をインストールしてあげると言ったらしい。
値段は$150。

これを聞いただけで、もう、怪しさ1,000%!

どうもその人は、某国籍の人にお願いして、その国の言語のWin7をインストールしてもらったらしい。
一応、見かけ上は日本語にはなっているようだけれど。
(Windows Updateは出来たそうだけれど、それでも怪しい。しかも、エラーメッセージがその国の言語で出てきて、読めないからさっぱりわからないとのこと。)

何でもその人にお願いしたのは、僕がまだ日本にいると思ったかららしい。
そんなん、僕がどこにいようと、まずはメールでもしてくれればよかったのに。
1週間前だったら間違いなくAKLにいたから、そんな怪しいことは絶対にさせなかったのに。

とりあえず、そのWin7は怪しいから、それ以上何かしても時間の無駄なだけだから止めましょう、そして、正式版のものを購入しましょう、と言った。

もし、その払ったお金$150がおしいというならそのままでもいいけれど、今後何年もその理解出来ないエラーメッセージと付き合っていくのですか?しかも不安定なOSで。
それで少しは考え直そうと思ったようだ。

で、昨日。

また連絡があった。

ちゃんと一昨日のうちに正式版を買っていたらしい。
僕のアドバイスで、以前のXPからのバージョンアップということで、Win7のバージョンアップ版を購入。

順番としては、XPをインストールしてから、Win7へのアップグレードなのだけれど、既にWin7が入っているから、XP側からフォーマットが出来ないと。
なんとかしてフォーマットしようとネットを調べてやっているけれど、うまくいかない。

他にも色々と言っていたけれど、どうも電話ではらちがあかないので、僕が行って作業をすることに。

そのWin7を触って、動きの怪しさにこれは絶対に海賊版だと思った。
絶対にあるメニューがなかったりしていたし。

このOSを触っても意味がないので、それ以上何もせず、作業開始。

XPからフォーマットが出来ないとのことで、僕はUbuntu(Linux)のディスクを持っていった。
そっち側からフォーマット。

これで問題なし。

そして、XPのインストール。

が、途中でブルースクリーンが出てエラー終了。

うーん、おかしい、と思って、エラーメッセージをネットで調べてみると、HDDのコントローラーがどうとか。
今のマザーボードやHDDは、新しい転送の仕組みになっているようで、古いXPはそれに対応していない、だから、エラーで止まってしまうとのこと。

その設定を変えて、再度インストールを開始すると、問題なくいった。

このXPのインストールは形だけなので、すぐにWin7のインストールを。

今のWindowsって、本当にインストールが楽になったね。
ビックリ。

これも問題なく終了。

そして、まずはWindows Update。
時間は掛かったけれど、終了。
(Win7が64ビットだからかなんなのかわからないけれど、この更新処理でメモリを合計3GBほど消費しているってどういうこと??)

そして、Win7の日本語化。

ここNZで買うから、当然、OSは英語である。
でも、Ultimateという最上位版を購入すれば、簡単に日本語化出来るのである!
(Macは、そんな最上位版とか関係なく、英語圏でMacを買っても、簡単に日本語化出来るのである。Windowsも絶対にそうあるべきだと思うのは僕だけではないはず。)

ネットの情報を見ながらそれを進める。

最終的には全て綺麗に日本語化。
でも、設定箇所がいくつも違う場所にあり、こんなのネットの情報を見ていなかったら全て対処出来ないよ、と思ったのである。

そして、問題だったメールのデータ移行。
OSが正規版だからか、なーんの問題もなくインポート出来た。

結局は、海賊版らしきWin7が根本原因だったのだろう。

いくつか環境を変えてあげて、終了したのである。

その人は、そのPCを購入してから、データの移行やら何やらで50時間ほど費やしたらしい。
でも、僕がやったのは5時間程度。
今回の場合は、僕でも引っかかったところがあるから、その人が頑張ってもこのアップグレード作業はできなかったでしょう。

やはりそういうスキルを持っていたら、短時間で、また、何かあっても対応出来るということである。
(もちろん、お金も頂戴しております。)

これでその人もわかっただろう。

不正のものには絶対に落とし穴がある、と。
そして、まずは僕に聞くべきだった、と。(笑)

ということで、皆さん、OSだけに限らず、その手のソフトはきちんとしたものを購入しましょうね。
安いから、ということで手を出したら、今回の人のように痛い目に遭うかもしれませんよ。

僕は僕で、新しい技術のハードウェアにXPやWin7をインストールという勉強をさせてもらったからよかった。

新しい環境だとソフトもスルスル動いていたなぁ。
そのうち新しい環境にしたいものだ。

|

« 見つけた! | トップページ | そういう人がいたとは »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見つけた! | トップページ | そういう人がいたとは »