« 誕生日会 | トップページ | 不正なことには必ず落とし穴がある »

2012年1月25日 (水)

見つけた!

この家のオーナーからある情報を得た。

それは、公共バスのバスカードの仕組みが変わったと。
日本で言うところの、ピタパとかイコカ・カードのように、触れるだけで料金の支払いが済ませられるとのこと。

去年のWorld Cubのあった10月辺りに変わったので、今であれば、古いカードを置き換えしてくれるのでは?という情報。

そんなのまっっったく知らなかった僕。
だって、普段バス使わないし。

特に何も調べず、とにかくそういうカードを扱っている近所のエージェントに行ってみた。

回答。

そういう交換はもう年内に終了したよ。昨日もそうだったけれど、とっくに終わっているのに未だにこういう風に持ってくる来る人がいるのが不思議だ、と。

ガーン、もう終わっているのか...まぁ、それは仕方ない。
でも、知らないのは、普段バスを使っていないから、と言うのだけは言っておいた。
それでおっちゃんは納得していたけれど。
(僕の前のアイランダーのお兄ちゃんが、立っている係員にお願いすればまだ交換できると思うよ、ということを教えてくれた。まだ可能性はありそうだ。)

家々にそういう告知の紙でも入っていればよかったのだけれど、そんなのなかったし。多分。
それに、もうテレビは観ていないから、そういう情報も得られない。

きっと、ここを見てくれているNZ在住者も知らなかった、という人もいることでしょう。

仕方ないので、家に帰って調査。

結論。

・既に古いカードから新しいカードへの移行は終了。10月31日までだった。
・この新しいカード、6月には既に始まっていたらしい。

なんということ!
随分前に始まっていて、とっくにカードの移行は終了していた...(泣)
確か、少しだけお金が残っていたと思う。

まぁ、でも、僕の場合は、$10を支払ったというボンド(保証金)のレシートがあるから、交渉次第ではその$10は戻ってくるのではないかと思っている。
Cityに行った時に、僕がそのカードを買った場所(バス会社にとっても大きなエージェント)に行ってみようと思う。
最悪、全てを諦めるけれど。

で、そのボンドのレシートを探している時に、なくなっていたと思っていた物を見つけたのである!

それがこれ。

お金なので、こういう感じにしております。

今となっては、知っている人も少ないだろう。
10何年前に発行された、記念の$10紙幣。

これ、とっくに自分の手元から離れていたと思っていた。思い出したくもないあることがあった時に。

でも、昔の資料が入っていた封筒の中に入っていたのである!!

いやぁ、これを見つけた時は本当に嬉しかった。
絶対にないと思っていたから。

もう、これは僕にとってのお守りにしようと思っている。

一緒に、韓国人の友達がくれた1,000ウォンも見つけたのである。

バスカードの移行はできなさそうだけれど、その情報を得たお陰で、これを見つけられたのだから本当によかったのである。

|

« 誕生日会 | トップページ | 不正なことには必ず落とし穴がある »

NZ雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日会 | トップページ | 不正なことには必ず落とし穴がある »