« 課題 | トップページ | 熱い場所と新しいレシピ »

2013年4月28日 (日)

いいこと聞いた

日差しは暖かだけれど、風が冷たい。

体感気温は以前より随分マシになったけれど...

昨日は、高校のOBの異業種交流会だった。

そこである情報を得た。

姫路で写真撮影をお願いしたい。
出来れば、大手が経営しているスタジオなちゃらは嫌だ、となった時、とある有名な個人経営のスタジオを検討することになる。

そこに時々撮影依頼している人がOBの中にいて話を聞いた。

そこの写真を色々と見たことはあったので、てっきり出張撮影もやるんだ、と思っていたら、どうもそうではないらしい。

オーナーでもあるフォトグラファーのその人は、指名が多すぎるために、遠方出張は出来ないとのこと。

出来る出張は、スタジオから数十m離れたところまでとか。

もう少し行けばいい場所もあるのあけれど、スケジュールが詰まっているため、行ってくれないのだそう。

だから、被写体は変わっても、背景はほとんど同じ。

そこに撮影依頼したことがある人は、他の人の写真を見ても、どこで撮ったか一目瞭然とのこと。
そりゃ、同じ場所だからそうだろうね。(笑)

そのオーナー・フォトグラファーは遠方には行けないだろうけれど、他のスタッフ・フォトグラファーが出張をするんだと思う。多分。

撮ってほしい人にお願いし、他の人たちと同じ場所で撮影するか、希望のフォトグラファーではないけれど、好きな場所で撮ってもらうか、ある意味、究極の選択だと思う。

そこのスタジオは今となっては有名で(もう一つ、同じような感じのスタジオがあるので、二者択一になると思う)、僕はつけいる隙はないか、と思ったけれど、その人の話を聞いてみると、そうでもないというのがわかった。

いいフォトグラファーであっても、毎回同じ場所だったらだんだん飽きてくる。
この人のように、それが不満と思っている人も他にもいるはず。

そういう人が増えてくれば、僕のようにどこにでも行きますよ、というフォトグラファーにとってもチャンスはまだあるということだ。
(もちろん、僕の写真が好き、という人が対象になるけれど。)

あとは、いかに宣伝/営業をするか、に掛かっている。
(口コミが一番重要。)

もちろん、僕も忙しくなったら、そのフォトグラファーと同じように行動範囲は狭まるかもしれないけれど、流れを見ながら考えていけばいいと思っている。

昨日の交流会は、この情報を得られただけでもとても有意義だったと思う。

このGWは、姫路が熱い。

姫路駅前のビルPioleが、30日からオープン。

昨日から明日までの3日間は、関係者のみ入ることが出来るプレオープン。

外から見ると、それなりに人が入っていた。

右側が、駅に通じる通路。

左側、つまり、東側の方には、ホテルやら何やらが建つそうだ。

これから姫路はドンドン変わっていくようだ。

|

« 課題 | トップページ | 熱い場所と新しいレシピ »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 課題 | トップページ | 熱い場所と新しいレシピ »