« 静か | トップページ | 自然との »

2014年6月30日 (月)

あっという間

今日で1ヵ月の写心展も終了。

平日の月曜日だから、静かかな、と思ったけれど、ちょっと違っていた。

平日にもかかわらず、とある団体が、大宴会場を貸し切って、ランチコンサートをした。
100名ほどの参加者だったらしい。

そのお客様の何人かが、開演前に見て下さった。

その中のあるおばさまが、この写真とてもいい!!なんて言ってくれていた。

コンサートが終了後、そのおばさまが現れて、色々と話し始めた。

そのコンサートでは、お客さんが出したお題を元に、即興演奏をする、というコーナーがあったのだそう。

それで、そのおばさまは、僕の写真で気に入った、という写真の題名と、その写真がどういうものか、ということを説明。
それを即興演奏してもらったそうだ。

それは、「紅一点」という、真っ白な梅の木々の中に、紅い梅の木が一本あるというもの。

それをとても嬉しそうに話をしてくれた。

なんでそこに僕を呼んでくれなかったんですか!なんて冗談を言いながら話をした。(笑)

こういう反応があるって嬉しいね。

他にも熱心に見てくれる人がいて、最終日は思っていたよりよかった。

17時になり、片づけ開始。

それがあっという間に終了!

ただ取り外すだけだったので、10分ほどで終了した。
過去最短記録。(笑)

もちろん、1ヵ月も思っていた以上にあっという間に終わってしまった。
こんなに短く感じるとは思わなかった。

今回の写心展、はっきり言って、勉強のための写心展だったなぁ。

これを次につなげられれば、と思っている。

来場して頂けた皆様、気に掛けて下さっていた皆様、有り難うございました。

無事、1ヵ月を乗り切りました。

この6人はどこへ行く?

今日もすごく霞んでいた。

この景色ともしばらくお別れだ。

近所の神社では輪抜け祭りが開催されていた。

|

« 静か | トップページ | 自然との »

宣伝」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静か | トップページ | 自然との »