« そういう繋がりがあったとは | トップページ | 切れ味 »

2015年10月13日 (火)

原作と比較

今日はボチボチの天気だったな。

秋祭りも少しずつ終わってきていることもあって、町の雰囲気も変わってきている。
大人しく感じる。

さて、どうでもいい話だけれど、原作と比較。

少し前に、「カラスの親指」という映画を観て、面白い!と思った。

映画が面白かったので、原作を読んでみることにした。

読んでみると、この映画は、原作をかなり忠実に再現しているな、と思った。

もちろん、違う部分はあるけれど、違和感なし。

読んでいて面白かったのが、自分の頭の中。

映画に出てくる人たちがそのままイメージとして浮かんでくる。

阿部寛、村上ショージがね。(笑)

順調に読み進めていったのだけれど、最後のほうで、え?と思わされた。

結末というか、この映画、小説のクライマックスがそれぞれ違うんだよね。

ネタバレになるから言わないけれど、映画の方が、すっきりと気持ちよく終わっている。

小説の方は、映画と同じといえば同じだけれど、ちょっと違う展開になっていた。

どちらが良いかは好みになるね。

この「カラスの親指」を味わいたいのであれば、映画を先に観てから小説を読むといいかも。

違いを楽しめる。

次は、楽しみにしていたテレビドラマ。

一昨日から「エンジェル・ハート」が始まった。

僕はシティー・ハンターの時代から漫画を読んでいた。

僕はジャンプ派ではなく、サンデー派だったけれど、シティー・ハンターだけは読んでいたし、コミックも集めていた。

その後、エンジェル・ハートになり、これも面白いなぁ、と思って読んでいた。

テイストはシティー・ハンターとは違っていて、感動系の話が多い。

それもそのはず、世界観が全く違っているから。

エンジェル・ハートは、シティー・ハンターの延長かと思いきやそうではなく、パラレルワールド、つまり、直接のつながりはない、という設定とのこと。

だから、シティー・ハンターの続きとして読んでしまうと、「違和感」を感じる人もいるだろう。

ちなみに、エンジェル・ハートは、シーズン1は全て揃っている。
シーズン2は、途中で揃えるのは止まってしまっている。

そういう感じなので、熱烈なファンとは言えないけれど、好きな漫画ではある。

それが実写化される、というのを数カ月前に知った。

漫画の実写化って失敗することが多いようだけれど、さて、このエンジェル・ハートはどうなるか?

まず、配役について。

最初に発表されたのが、冴羽獠役の上川隆也。

お、なんか雰囲気合っているかも?と思った。

次に知ったのが、今回のヒロインである香瑩。

これは偶然だったのだけれど、その配役が発表される少し前に、ある映画を観ていた。

そこに出ていた、三吉彩花という子が香瑩とか。

映画を観終わったばかりだから印象が強く残っていた。

その時感じていたのが、彼女の顔って、スッとしているなぁ、というもの。

香瑩もそういう顔だから、その発表を知った時、これはかなりイメージに近いんじゃない?と思った。

それ以外の配役は、一昨日の放送で知った。

感想を端的に言えば、面白い!とてもいい!!

原作のイメージを壊すことなく、かなりリスペクトして作られているな、と思った。

もちろん、原作通り、ドンパチ、ドカーンとかは出来ないだろうけれど、全体的の雰囲気が原作を尊重していて、観ていて気持ちよかった。

実際の動く全ての役どころを観ていて思ったこと。

びみょーーーに「ズレ」ている?

原作の登場人物に近いのは近いけれど、でも、何かが違う!(笑)

でも、その違いは、決して悪いわけではなく、ドラマとしての「個性」としてとらえれば何も問題なし。

そのびみょーーーにズレているのって、例えば、上川隆也。

彼の顔がもう少し小さくて、横広ではなく、縦に顔が出ていたら、ほぼ冴羽獠。

でも、お店の女性店員のお尻を逆さになって見ているっていうのは、原作通りでいい!(笑)

冴子の高島礼子は、ドラマとして観たら、かなりいい配役。
でも、漫画の冴子とは違う。(笑)

香瑩の三吉彩花は、ドラマが進むにつれて、化けそうな気がする。
今の状態で判断はできなさそう。

槇村香役の相武紗季は、全く違う!
違うけれど、これもドラマとしては、ありかもしれない。
香瑩とどう絡んでくるのか、楽しみ。

ファルコンのブラザートムは、見た目は本当にそっくり。笑えるくらい。(笑)
でも、何かが・・・
重厚感かな。漫画の方は、見せ方もあってか、かなりの重厚感があるから。
生身の人間で、あの漫画の重厚感を出すのは難しいだろう。

ドクはなんか違う!これはかなり違和感あり!!

最後に、信宏。
うーん、これも何か違うなぁ・・・
髪の毛、漫画の方はあそこまでグシャグシャではないよね?

おねえ役のゴリ、これは最高だった。笑った。(笑)

細かい話だけれど、CAT'S EYEの店の中に、小さいハンマーが置かれていて、そういう細かい演出がよかった。

CGでもいいから、今後、香瑩がハンマーを扱ってくれるといいな。

エンディングというか、主題歌と話のクロスのさせ方がとても良かった。
ああやって、歌とドラマをシンクロさせるのってとてもいいと思う。

第1話としては、十分すぎる。
原作にはなかった「運命」というストーリーも良かった。

今後がとても楽しみだ。

いっそのこと、これ、シーズン化してもいいのでは?と思う。
アメリカドラマのように。

そして、漫画はパラレルワールドっていうことなのだから、このドラマもそれの更にパラレルワールドにすればいいと思う。(笑)

時には映画も作って、そこではドッカーンというのもほしい。

そうそう、個人的には、「正道会」の玄武、青龍、白虎、朱雀が出てくるのか、楽しみにしている。

|

« そういう繋がりがあったとは | トップページ | 切れ味 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そういう繋がりがあったとは | トップページ | 切れ味 »