« 匂い | トップページ | 食パン »

2016年3月20日 (日)

精霊の守り人

三連休の真ん中、とってもいい天気!

明日も天気が良さそうでよかった。

一気に桜の開花も進むだろうね。

NHKが気合を入れて制作しているという「精霊の守り人」。

3年掛けて放送されるとのこと。

僕は原作は途中までしか読んでいない。

読む切っ掛けになったのは、一人の友だち。

その人が大ファンで、それで読んでみようかな、と思って。

そういうこともあって、僕も期待して第1回目を観てみた。

確かに、お金もかけて気合入っているのはよくわかった。

ただ、残念なのが、色調。

これ、日本のこういう映像を観ていていつも思うのだけれど、くっきりはっきりだから、せっかく気合入れて作ったものや衣装が安っぽく見えてしまう。

ハリウッド映画のような色調にすればまた見え方も違うだろうに、とそういう点がとても残念に思う。

吉川晃司と藤原竜也が出ているので、映画「るろうに剣心」を思い起こされ、綾瀬はるかは出演していなかったけれど、映画「あずみ」を足して2で割ったような印象を受けた。

よくよく考えたら、綾瀬はるかは「ICHI(女座頭市)」で主役だったんだよね。
だから、僕は「あずみ」の方が浮かんだんだな。(笑)

その主人公のバルサ、僕的にはもっと「ゴツい」イメージがあったのだけれど、そういうイメージを無くして観れば、綾瀬はるかは好演していると思う。

高島礼子が出ているとのことだったけれど、いつ誰として出ていた?なんて思って、後で調べてみると、呪術師だったか。
あれはわからんわ。(笑)

あと、おお、と思ったのが、風景。

日本にもまだまだ綺麗なところがあるんだなぁ、と。

ただ、この物語のベースは、どちらかと言えば、西洋だと思う。
それを考えると日本の風景はちょっとマッチしていないんだけれど、それでもいい雰囲気が出ていると思う。

まだ序盤なので、盛り上がりはイマイチだけれど、今後の展開を期待したい。

もっと面白くなるといいね。

|

« 匂い | トップページ | 食パン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 匂い | トップページ | 食パン »