« 写真の強み | トップページ | 「文」を堪能 »

2017年11月18日 (土)

オンシーズン

朝は雨。

でも、お昼前に上がった。

今日は、関西一円が、関西文化の日、ということで、色んな施設に無料で入ることが出来る。

だったら、あそこに行くべし!

残念ながら、曇天。

無料だから、もっと人がいるかと思ったけれど、そうでもなかった。

知らない人も多いのかもしれない。

池に映る姫路城。

僕は登城が目的ではないので、一直線にここへ。

この彼のタオル、「BEIJING GUOAN」って書かれていた。

調べてみたら、どうやら、サッカーチームのようだ。

駅方面。

イチョウの黄葉がいい感じ。

真正面で。

こういう風↓に撮影すると、おお、姫路城って雰囲気ある、って思える。(笑)

西の丸の方では、イベントをしているので、それを見てみる。

こういう感じで、アート作品が展示されている。

夜はもっと幻想的にライティングされるものもあるようだ。

夜は、400円で入ることが出来る。

これは、全て本物の鳥の羽で出来ているとのこと。

背後の影に注目。

左側は、クルクル回って、上下に動いていた。

確か、千姫のなみだっていう題名だったかな。綺麗だね。

この西の丸から、千姫はこうやって城を見て、殿を想っていたのだろう。

千姫と一緒に撮影しよう!というサービスがあった。

今日、姫路城に来た観光客は、超ラッキーね。

下世話な話だけれど、団体さんの場合は、この入場料は、旅行会社行き?!(笑)

次は、動物園。

ここも無料。

僕の目的は動物ではなく・・・

下あたりがちょっと秋色。

太陽が出ていれば、もうちょっと色が出ただろうに。残念。

綺麗に反射している。

園内には、綺麗な黄色のイチョウ並木が!

ああ、こういうので姫路城と絡められればいいのに、と思いながら、雨の雫を撮影。

次は、お隣の好古園。

入ってすぐ、おお、綺麗な色!と思える紅葉が。

やっぱり好古園はそこそこ色付いている。

但し、見た目にはちょっとな、という感じ。

今年も姫路では、紅葉は不発なのかもしれない。

この小さな滝方面がとても雰囲気があった。

思い返すと、好古園には何度か来ているけれど、なんらかのオンシーズンに来たのは初めてかもしれない。

いつもずれて来ていたと思う。

年数が経ったから、好古園もいい雰囲気になっているね。

ここは撮り甲斐があった。

この黄色が鮮やかだった!

奥には、もっと綺麗な紅葉が。

こういうのを見ても、姫路とは思えない。(笑)

なかなか雰囲気のある風景。

引いてみるとこんな感じ。

好古園の秋は侮れないねぇ。

鮮やかな赤だった。

このススキがいい演出をしてくれた。

ザ・日本庭園!(笑)

ああ、太陽が出ていればなぁ・・・

この橋の下には錦鯉がいっぱいいた。

タイミングが良ければ、餌やりの場面に出会える。

そして、餌巻きをさせてもらえる。

僕は遠慮した。他の人にやってほしいからね。(笑)

今で言えば、インスタ映えする風景。すぐにアップロードするのだろう。

なかなかいい雰囲気。外国人が歩いているなんて、これも今風。

抹茶を頂きながら、のんびり秋の風景を楽しむ。

いいねぇ。

室内ではないけれど、枠を通しての紅葉。ありがちだ。(笑)

これにも惹かれた!いや、すんごい鮮やか!!

綺麗でしょ?

この紫色の南天のようなものと。

これを見せて、京都だよって言っても誰も疑わないだろう。(笑)

いつもなら、向こうからこっちを見ているけれど、今日は中から。

この辺りから、太陽がちょっと見えていた。

お、もしかして撮影できる?と期待して、また動物園に戻る。

そこには、予想外の風景が!

さっき撮影していた動物園内の並木。

なんとまぁ、ここから姫路城がそれなりに見えていたのである。

太陽が出ていなかったので、振り返りもしなかった。(苦笑)

でも、太陽の導きでこの風景に出会えてよかった!

太陽光があって、青空だったらどれだけいいか。

城はちょっと飛ばし気味で、黄葉の色を出す。

こんな場所があったとは!

姫路に感謝!だね。(笑)

と、今日は、姫路城、動物園、好古園を堪能させてもらった。

帰路についた頃に、太陽が顔を出し、少し青空が。

うーん、この時に、上記写真群が撮れればよかったんだけれど...

明日は・・・

あ、ビデオの方も作らないと...

|

« 写真の強み | トップページ | 「文」を堪能 »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真の強み | トップページ | 「文」を堪能 »