« 本番 その1 | トップページ | どこの国にいるの? »

2018年4月 1日 (日)

本番 その2

本番その2。

今回は、朝に撮影するのが目的。

が!

え~、曇り空。(泣)

朝起きて、空を見ると、雲が多かった。

まぁ、晴れマーク付いているし、あっという間に晴れるかも?と期待して現場に到着したけれど、この通り。

もちろん、刻々と状況は変わるので、雲がなくなることを期待して、しばし待つ。

左上に太陽。

こういう感じで、時々太陽が雲の隙間から見えた。

天使の梯子が見られればなおよかったのだけれど。

とりあえず、8時半が区切りかな、なんて思っていた。

面白いことに、ほぼその8時半頃から雲がなくなり始めた!

よって、なんとか、こういう写真が撮ることが出来た。

いつもどおり、アングルを変えながら色々と撮影したけれど、思ったほど光が強くならず、次の場所に向かうことに。

シロトピア公園に来て、お、と思ったことがある。

これは僕の調査不足でもあるけれど、北側の姫路城って、常に逆光かと思っていたら、春から夏にかけては、朝方は日が当たるようだ。

ということは、もうちょっと早く来れば、僕が思い描くような北側の姫路城が撮影できるかもしれない。

文学館の撮影はイマイチだったけれど、このことを知ることが出来てよかった!収穫だ。

再チャレンジする甲斐が出来た。(笑) もう1回、もうちょっと朝早く来よう。

まだ時間が早いので、人は多くない。

どんどん、北側に移動し、こういう撮影。

そう、僕はこういうのを撮りたい!

これで日差しがあって、背景が青空なら言うことなしだ。

桜の木を入れて。

次こそは、それなりのものを撮りたいものだ。

白モクレン(かな?)と鏡に反射する姫路城。桜がなかったので。

桜が映り込むかな?と思ったけれど、無理だった。

東側に周り、また新たな発見。

ここって、姫路城が水面に反射するんだ。全く気付いていなかった。(苦笑)

東側の道路から。

やっぱり僕は逆光のほうがいいな。

昨日撮影できなかった、姫路神社。

さすがにまだ人は多くない!

ここの桜、本当に立派だ。

ピンクの桜を撮影。

ここで撮影している時のこと。

おばさんが無言で僕に近寄ってきて、カメラを突き出し、何やら指示してくる。

なんだろう?と思ったら、どうやら彼女、喋られないようで、僕にこの風景を撮影しろ、ということだ。

しかも、手で、こういうアングルで、つまり、これら桜を入れて、という指示。

差し出されたカメラを見ると、写ルンです!

これは撮影後、確認してもらうわけにはいかない。

僕が撮った上記写真を見せて、これでいい?と、念の為確認し、撮影した。

有り難うという感じで、手でも合わせてくれるかと思ったら、カメラを受け取ったら、ぶっきらぼうな感じですぐにいなくなった。(苦笑)

テーマの場所へ。

が、やっぱりイマイチだな。同じ桜の房。

日差しがあって、青空だったら、かなりいいんだろうけれど。

主。

同上!

朝撮影するなら、空は青空がやっぱりいい。

それを期待していたのだけれど。

早い時間だけれど、もう花見客が。

これ以上いても改善しなさそうだったので、家路へ。

今日はイマイチだったけれど、収穫があったので、良しとしよう。

次は早く来ないと。

一旦家に戻って休憩。

そして、僕の好きな桜トンネルへ。

本当に綺麗だ。

到着してビックリ。

すんごい人がいたから!

右下の土手では、花見客がたくさん。

せっかくだから、電車と一緒に。(笑)

午後は、晴れたけれど、霞んでいた。

でも、去年は雨や曇りが多かったから、こういう写真が撮れるのは嬉しい。

上から見る桜もいいものだ。

場所を変えて。

赤ちゃんが四輪の乳母車で引かれていた。

ここも並木だけれど、トンネルにはなっていない。

皆こっち向いて、こんにちは。(笑)

両岸が並木。

右側は広場になっていて、ここも人が多かった。

なんでこんなにいるんだろう?と冷静になって考えたら、今は春休み。

普段であれば、学校が始まってから満開になる。

だから、ゆとりを持って、花見なんて出来ない。

でも、今年は違う。

だから、余計に人が多いんだな。

やはり逆光が良い。(笑)

今週末、姫路城では観桜会があるけれど、桜はどのくらい持つのだろう?

|

« 本番 その1 | トップページ | どこの国にいるの? »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本番 その1 | トップページ | どこの国にいるの? »