« 緑を求めて | トップページ | 格上げ »

2018年4月23日 (月)

やっと入手

昨日というか、今日の夜中、目が覚めた。

これは全く何もなく、ただ目が覚めただけ。

しばらく、その状態でまどろんでいると、感覚的には、机を手で揺らしたような揺れを感じた。

なんだ?

ちょっと寝ぼけもあったので、気のせいかな、と思った。

しばらくしてから、地震速報を見てみると、また島根で地震。

が、姫路には震度はなかった。

揺れを感じた時間はまさしくその時間だったので、間違いない。

そんな震度計にも表示されない揺れを感じる自分。

敏感すぎる??(笑)

今日もいい天気!

なのは朝だけだった。

午後になると、雲が増え、曇り空になってしまった。

最近は夜も結構暖かいので、寝る時は半袖に変更。

やっと入手した!

真空断熱タンブラー。

あるところのポイントが貯まって、少し料金追加で購入。

去年の夏は、氷の入ったコップやグラスの結露をどうやって対策するか、というのをやっていて、それはそれで勉強になった。

きちんと対策するなら、やはりこれを買うのが一番!(笑)

温かい面。

冷たい面。

説明。

取り出してみた。

中。

今となってはこういうのは珍しいものでもなんでもないけれどね。

実際に使ってみた。

・400mlなので、普段の飲物であれば、十分カバー。本体重量は、155g

・洗剤で徹底して洗ったからか、ステンレス臭さはそんなに感じない

・100度の熱湯を入れたけれど、側面を持っても熱くなかった

・温かいうちに、ということで、急いで飲む必要性がないのが有り難い

・氷を入れても、結露はしない。熱い時同様、触っても冷たくない
 結露しないので、コースターは不要になる

僕って、温かいものを飲む時の考えとして、温かい状態をキープしたい。

でも、普通のコップだとそうはいかない。

だから、家であってもお店であっても、その温かいうちに、という風に考えるから、あっという間になくなってしまう。(苦笑)

これが問題。

でも、この真空タンブラーであれば、しばらくは温度の下降は防げるので、いいな、と思った。

最近、気温も上がってきたので、試しに氷を入れてみた。

この真空タンブラー、どちらかと言えば、冷たいもの、特に氷を入れる飲み物の時に効果絶大だと感じた。

氷を入れた状態で、飲み終わった後、放置。

1時間以上経っても、氷がほとんど溶けていない!

普通であれば、溶けた氷の水を飲むのに。(笑)

そういうこともあってか、液体を飲み干してもまだ氷が残っている時、温かくない液体を追加しても、氷はなくならない。また冷える。

普通のコップであれば、水を入れれば氷はすぐに溶けるのに。

だから、真空タンブラーは、冷たいもの、氷を入れて飲むものとかビールなんかで、かなり効果が発揮されるように思う。

結露しないから、コースターが不要になるしね。

一つ問題が。

この製品は、細長いので、中でかき混ぜたい時、普段使っているかき混ぜヘラが短いので、使いづらい。

これは、贅沢な要望というか、こうだったら、というもの。

飲み口は、陶器のものに比べると、「味気」ない。特に温かいものを飲む時は。

飲み口の部分だけ、陶器製にできないだろうか?(笑)

口に触れる部分がどういうものかによって、味の印象が変わるしね。

あと、冬だと、コップそのものが温まるので、暖か~い!と気持ち良くなるけれど、これだとそれが出来ない。

贅沢な悩みだ。(笑)

一方、冷たいものを飲む時は、その飲み口に関しては、それほど違和感を感じない。

理由を考えてみると、冷たいものを飲む時の入れ物って、ガラス製のものが多い。

全く同じではないけれど、ステンレスはそのガラス製のものとそんなに差がないというか、似たような感じというか。

全てを満足させるものなんて、なかなかないものだ。(笑)

ネットを見てみると、タンブラーに名入れしてくれるサービスがある。

これ、プレゼント用にとってもいいのではないだろうか?

全ての飲物をこれで一つで済ませようとは思わない。気分や用途で使い分け。

ポイントを活用して、お得な価格で手に入れられたので、十分満足である!

|

« 緑を求めて | トップページ | 格上げ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑を求めて | トップページ | 格上げ »