« クスッ | トップページ | 復活 »

2018年5月 2日 (水)

春のWindows Updateまつり

午前中はなんとか曇りだったけれど、お昼前から予報通りの雨。

明日からは回復するようで、なんとかGWの天気は問題なさそうで何より。

恒例になった、春のWindows Updateまつり。

某パン・メーカーみたいだ。(笑)

「April 2018 Update」が4月30日に解禁。半年ごとの大型アップデート。

Aprilってなっているけれど、すぐにMayになったから、Springにすればよかったのに、と思うのは僕だけではないはず。

しばらく様子見しようかと思っていたけれど、ネットの様子を見ていると、問題なさそうなので、ファイルをダウンロードして、手動でアップデートしてみることにした。

まずは、予備機から。

スペックがそんなに高くないものではないけれど、1時間もかからないで終わった。

今までで一番短いアップデートでは?

アップデート中に問題はなかったし、動かしてみて問題なさそうだし、じゃぁ、と思って、本番機もアップデート。

これは、45分くらいで終了。

秋の時は、世間的には色々と問題が発生していたけれど、今回はそんなに問題は発生しなさそうね。

ただ、Windowsの設定がちょこちょこデフォルトに戻ってしまって、それを直すのが面倒。

アップデートが終わってから、このアップデートでの新規機能の説明があった。

具体的には、こちらをどうぞ。

Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」発表 4月30日に配信開始

そのうちの一つ、「集中モード」。

この説明文を読んで、それって、あんたのこと?なんて。自虐ネタなのかな?(笑)

僕の場合は、通知が来るようなSNSなんてやっていないので、あまり関係のない機能。

一番大きな機能追加は、「タイムライン」ではないだろうか?

Winキー+Tabキーで、タスクの切り替えができる。

その部分に機能追加。

過去、どのアプリでどういう作業をやっていたか(ファイルを開いていたか)が、がわかるようになっている。

上が今まで通りのタスク。

下に、日付別に、どのアプリでどのファイルを開いたかがわかるようになっている。

クリックすれば、それが起動する。

右上の検索機能で、アプリやファイル名で絞り込める。

この機能、てっきり、MacOSのタイムマシンのような、変更履歴を保持してくれる機能かと思っていたのだけれど、そうではないのね。

何をしたか、の表示のみのようだ。

別の言い方をすれば、ショートカットのようなもの。

まだ、昨日、今日の段階なので、どういう動きをするのかわかっていないけれど、見てみたら、全てのアプリの全ての作業が表示されるわけではないみたい。

タスクのタイムラインに表示される条件がいまいちわからない。

・ファイルを保存したからといって、必ずしも表示されるわけではない。
・ファイルを開いただけでも、表示されるものもある。
・インストールされていないアプリでも表示されるものがある。
・インストールされているアプリであっても、表示されないものがある。

と、こんな感じ。

一つのアカウントで、複数のPCを使って作業している人にはいいのかもしれない。

僕はそういうことをしていないので、どれだけメリットを享受できるかは、現時点では不明。

しばらく様子見かな。

次に、MS-IMEの機能追加。

少し前から、またMS-IMEを使っているところ。

変換精度はかなり良くなっているね。

新たに、予測入力サービスとして、「住所」「りんな」が加わっている。

「りんな」は、MSの女子高生AIなんだって。

変換すると、

女の子の後ろ姿のものが出てくる。

これが、りんなの言葉なんだって。

一般利用で何かメリットがあるだろうか?(笑)

住所は、例えば、「とうきょうとちゅうおうく」と入力し、Tabキーを押すと、それに続く住所名がズラズラと出てくる。

こうやって、MS-IMEの検証をしていて、へー、と思ったことがあった。

その予測入力。

今まで全く意識していなかったのだけれど、そのTabキーを押すと、それに関連する何かが候補として出てくるのね。

例えば、下記で言えば、「き」と入力し、Tabキーを押すと、

こんな風に出てくる。

更に、へー、こんな機能があったんだ、と思ったもの。

例えば、「あい」と入力し、Spaceキーを押すと、「あい」に関する候補が縦長に出てくる。

その時に、Tabキーを押すと、

こんな風に、横広で候補が表示される。

縦にスクロールしなくても、結構広い範囲で見られるので、これは便利なのではないだろうか?

調べてみたら、結構前からあったみたいだ。(笑)

あと、うん?と思ったもの。

なんか知らんけれど、ローマ字でズラズラと表示されることがある。

アップデート前にはこんなことなかったので、アップデート後からこうなったんだろう。

全てに対して出るわけではなく、変換候補がない時に出てくるようだ。

とまぁ、気になったところをいくつかピックアップ。

MS-IMEが結構賢くなったので、有り難い。

ただ、Escキーの使い方だけがまだちょっと慣れない。

変換とかをキャンセルする時に、Google日本語入力だったら、1回のEscキーでキャンセルできたけれど、MS-IMEでは、2回押さないといけないんだよね。

これだけなんとかならんかなぁ、と思っているけれど、どうしようもない。

そうそう、このIME関連のメニュー「言語」がコントロールパネルからなくなってしまった。

「すべての設定」に集約されたようだ。

そのせいか、Google日本語入力のオプションのボタンがなくなってしまった。

タスクバーのIMEアイコン(Aとかあ)を右クリックして「プロパティ」をクリックすればいいのだけれど、なんかおかしい。

Google日本語入力にした状態で右クリックすると、MS-IMEに戻ってしまって、クリックできない。

タスクバーにフォーカスを合わせた状態でもう一回、Winキー+Spaceキーを押して、Google日本語入力を表示させれば、Google日本語入力のプロパティをクリックできるけれど。

なんか問題が発生したのかと思って、Google日本語入力を再インストールしてしまったよ。

とりあえず、春のWindows Updateが無事終了して何よりだった。

|

« クスッ | トップページ | 復活 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クスッ | トップページ | 復活 »