« 検索エンジン | トップページ | ジュワーー »

2018年9月24日 (月)

メーカー製は

今日は朝から曇り。

どんよりしていて、雨降るの?という感じだったけれど、降ることはなかった。

少し前に書いたけれど、生食パン、とうとう、パン・メーカーからも出てきた。

そのメーカー製はどんなものだろう?と思って買ってみた。

神戸屋から、この9月から発売。

多分、このメーカーが初めてじゃない?

いち早く出しそうなYからはまだ出ていないし。(笑)

しっとり生食パン 絹。ほどける口どけ。

これ、どこにでも売っているわけではなく、僕はイオン系のお店で見かけた。

種類は3種類で、3枚入り(1斤6枚切り)税込み116円、1斤6枚切り200円ちょっと、2斤棒400全前後。

とりあえず試しなので、3枚入りを購入。

この値段で、普通に1斤買えるね。いや、2斤弱買えるものもある。(笑)

とても品のいいパッケージ。

側面の説明。

ほう、絹のような口どけを目指したとのこと。楽しみだ!

そんなに前からイーストフード、乳化剤無添加だったんだ。

裏面は横位置。

カロリー。

原材料。

一般の食パンに比べると、少し違うね。

出してみた。

見た目は普通の食パンと同じ。(笑)

ちぎってみた。

絹のように、フワフワーっていう感じで切れるかな?と思ったけれど、普通だった。(笑)

ただ、持った時、生地がプルプルした。弾力性があるようだ。

焼いてみた。

この焼いた状態でも、生地はプルプルしていた。

実食!

まずは、生の状態で。

甘みの中に塩気があって、専門店のような強い甘みはなく、どちらかと言えば、普通の食パンの延長に近い味。

焼くと、表面はサクッ、中身はふんわり。

生でもいいけれど、僕はやっぱり焼く方が好きだな。

これは、専門店の生食パンでも同じ考え。

何もつけないでもそれなりに美味しい。

だけど、なんか物足りない...

何が物足りないのだろう?と考えを巡らすと・・・

そうか、厚さだ!

専門店のものは、自分で切る。

だから、分厚く切り、それを食べる。

そうすると、中の生地のふんわり具合がより増す、というのに気付いた。

この手のものは、関西風に、分厚く切って食べるのがいい!

4枚切りの厚さが、この手の生食パンを活かす切り方、「カギ」じゃないかな?

せっかくこだわって作っているのに、6枚切りというのは勿体無い!

4枚切りにすれば、きっと食感が変わるので、味の感じ方も連動して変化するのではないだろうか?

厚さがないから、ウリ文句のような「絹のような口どけ」が感じられなかった?!

だって、薄切りだと、必然的に生地が少なくなるからね。

売れれば、切り方のバリエーションを増やすのかもしれないけれど、もし、思い切ってチャレンジしてみたい人は、2斤棒を買って、4枚切りの厚さに切って食べるといいと思う。
(メーカーの商品ページを見ると、5枚切りもあるらしい。それでも、僕は4枚切りを押す!(笑))

それでも、専門店の値段のほぼ半値で買えるからね。

いつもの食パンとは違う食感、味を味わいたい人、見かけたら、一度試してみて下さい。

|

« 検索エンジン | トップページ | ジュワーー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索エンジン | トップページ | ジュワーー »