« 使えなくなる | トップページ | どういう情報 »

2018年10月10日 (水)

恐ろしい

今日は雨。

ザーザー降りではなく、しっとりした雨。

それが降ったり止んだり。

秋雨ですなぁ...

外はひんやりだったけれど、室内は過ごしやすい。

Windows 10 October 2018 Update、どうやら原因がわかったようだ。

ファイル消失問題を招いた「Windows 10 October 2018 Update」、フィックスがリリース - ZDNet Japan

「October 2018 Update」のファイル消失問題、原因が判明 ~MSが修正版をテスト開始 - 窓の杜

もう少し具体的にどういう時に削除されたか書かれている記事。

Windows 10 October Updateでファイルが消失する原因が判明 - PC Watch

『このバグの影響を受けた顧客は少数であり、「報告されているデータ喪失」の割合は、「バージョン1809がインストールされた端末のうちの1%の100分の1」だという。』

いやいや、例え、1809がインストールした人の中の0.01%だったとしても、それでも被害者がいるんだから...ゼロではないんだから...

とりあえず、言いたい。

どういうことがあっても、ユーザのデータは消しちゃいかん!

ただそれだけだ。

OSや何らかのソフトウェアなら、回復しようがあるけれど、ユーザデータはそんなの出来ないからね。

復旧支援をする、とのことだけれど、元通りに戻すなんて、不可能なのでは?

だって、データを削除した後、OSは、何らかのファイルの書き込みを絶対にしているだろうし。

となると、その削除されたデータのインデックス情報は書き換わってしまうから、戻すことは不可能だと思う。

なんとも、恐ろしいこと。

説明の中に書かれていたKFR(Known Folder Redirection)ってなんじゃ?と思って、説明を見てみた。

Microsoft、「OneDrive」にユーザーデータを守る新機能“Known Folder Move”を導入へ - 窓の杜

ふーん、クラウド機能をバリバリに使っている人には便利なのかもしれないけれど、僕には不要な機能だ。

こういう設定画面、どこかで見た覚えがある。

そう、数ヶ月前のこと。

ある人から、最近、ネットが遅くなる時がある、ということで、そのPCを見たことがある。

原因を探っていくと、どうやら、OneDriveが絡んでいそう、というのがわかった。

そこのネット回線は、ケーブルテレビで、知っている人は知っている、ダウンロードは速くても、アップロードはとても遅い。

ネットが遅くなるのは、データをアップロード、もしくは、データをチェックしているタイミングなんだろうな、と予想をつけた。

OneDriveの設定を見てみると、本人は知らずに設定してしまっていて、OneDrive側に、数GBのデータがアップロードされていた。

そんなにもあがっていたら、そりゃー、スピードも遅くなるだろうな、と。

OneDriveの設定を解除し、あっという間に解決!というつもりだったけれど、ビックリするようなことが起こった。

確か、リンクを解除っていうのがあって、それをチェックした。もしくは、チェックを外した。

すると・・・

恐ろしいことに、PC側のデータが全て消えてしまった!!

ええ?!?!と、僕は焦る焦る。(汗)

OneDrive側を見ると、そちらは残っている。

とりあえず、一安心。

こういうのって、「常識」的に考えれば、逆じゃない?

ローカルのデータを残して、クラウド側のデータを削除する。

いや、削除するにしても、まずは確認しろって!

いやいや、何もせずに、どちらにもデータは残しておけって!!

何度かリンクを解除をやって、どうなるかがわかったので、とりあえず、それらデータを、「別のドライブ」にまるごとコピー。

そして、リンクを解除し、データを戻し、ということをやったことがある。

これは本当に、冷や汗モノだった。(苦笑)

僕は、クラウド上には、絶対に自分のデータをあげない。

今のご時世、情報漏洩は「当たり前」。

どんなにいいサービスであっても、信じることは出来ない!

別に大したデータではなくても、何らかの切っ掛けで、そのデータがばらまかれる、見られる、なんて嫌だからね。

どういうことがあっても、自分のPC、というか、自分の目の届く範囲にデータは置いておきたい。

そういうクラウド・サービスを信頼しているのか、どうしてもそうせざるをえないのか、わからないけれど、ものすごい量のデータをアップロードしている人がいる。

僕からすると、恐ろしい...

確かに、何かがあって、手元のデータがなくなって、ああ、クラウド上にバックアップしておいてよかった、ということもあるかもしれない。

例えそうなったとしても、やっぱり、先述のようなことがあると嫌なので、その時は諦める。

また、情報漏洩だけではなく、その会社がデータを読み取るということもあるだろう。

個別のファイルがどうこう、中身を見られる、ということではなく、どういうデータがアップロードされているか、とか、何らかの情報を取得しているだろう。

そういうのも嫌だしね。

大型アップデートがあるたびに、OneDriveの設定画面が出てくるけれど、すぐにキャンセルする。

Hotmailのアカウントと紐づけされているのは、便利な面もあるけれど、裏で勝手にそうやってデータをアップロードする、なんていう仕組みは勘弁してほしいね。

ましてや、今回のように、データを削除するなんて、もってのほかだ。

とにかく、自分のデータは自分で守るしかない。

日々、もしくは、定期的なバックアップはしておかないとね。

|

« 使えなくなる | トップページ | どういう情報 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使えなくなる | トップページ | どういう情報 »