« 逆順 | トップページ | 気になっていたところ »

2019年4月10日 (水)

旬な土産

なんという寒さ!

雨はお昼前位には上がって、思ったより早く止んだ。

よかったよかった。

この雨で、桜にどのくらい影響を与えただろうか?

これ、桜の写真。

と言っても、違和感ないよね。(笑)

この間の雪の時に撮影したもの。

実際、関東の方では雪が降ったらしく、本当にこんな感じになったようだ。

今日は桜写真をお休みして、違う話題。

先週の京都に行った時、とっても旬な土産を買った。

それが、これ。

え?ドーナツが?って思うだろうね。(笑)

ある時、koe donuts(コエ・ドーナツ)というお店を知った。
3月21日にオープン。

へーと思って調べてみると、なんとまぁ、京都の四条のど真ん中じゃない!
もし、桜撮影であっち方面に行くなら、立ち寄ってもいいかも、と思った。

実際、そうなったので、お店に行って、お土産として買ったのである。

さすが出来たばかりだけあって、注目度は高いようだった。
通りすがりの人達が、立ち止まってこの店を見ていた。
確かに、こんなガラス張りの店があったら、なんだろう?って思うよね。

古風がイメージな京都らしくなく、近代的な感じだし。(笑)

事前情報では、かなり並ぶらしい。
1時間位は覚悟したけれど、

僕が行った時、つまり、4月4日(木)夕方前ではそうでもなかった。
写真左側が列で、右側は見学者。

一斉に店に入るわけではなく、レジが終わった人数だけ店に入れてくれる。
イートイン、持ち帰り関係なく、皆並ぶ。

この列に並んでいたのは、15分程度かな。

ここの目玉は、イートインだけで食べられる、写真右側のもの。

900円位するようだけれど、これを食べるのを目的に、いや、ほとんどの人が、インスタ映えのために(笑)これを注文するようだ。

こんな感じで、ドーナツが並べられている。

十数種類あるようだ。

すぐに補充されているようなので、欠品は心配ないかも?
僕が見ている時に、いくつか新しいのが補充されていた。

値段は、税別で、プレーンが200円で一番安いけれど、基本的には280円(味付きというかトッピング付きというか)と考えていいと思う。

籠が天井に一杯あった。

レジ待ち中。

3列あって、このレジで待たされることになる。

店員がテキパキしていないというわけではないけれど、レジの数がもっとあれば、待たなくてすむのに、と思うのだけれど。
もしくは、支払いと持ち帰り用の包みは別にするとか。
こうやって待っている間に、持ち帰り用に包んでくれていれば、あっという間に支払いはすむと思う。

ここがイートインのスペース。

列に並んでから、上記写真まで、25分位かな。
思ったより早く出てこられた。

外国人もそれなりにいた。
自国のドーナツとの違いを堪能してくれただろうか?

持ち帰りは、こういう箱とビニール袋に入れてくれる。

持って移動することを考えると、横広ではなく、こういう形というのはよかった。

箱。

箱の背面にも絵があった。撮り忘れ。

中。
4個以上だと、段を設けて入れてくれる。

この下にもう一段ある。

この箱のサイズだと、3段9個、いや、4段12個入れるのかな?

1個1個に、こういう紙がついている。

プレーンが白色で、区別が付きやすいね。
赤色が280円のもの。

今気付いたけれど、値段で色が違うのかもね。

そうそう、すぐに食べるわけではなかったので、会計の時に聞くと、冷蔵庫ではなく、常温保存とのこと。
湿気るのはよくないらしい。

これがプレーン。

抹茶。

きなこ。

左がプレーン、右が金ごま。

半分にしてみた。

断面を見ると、生地が違うので、種類によって材料も違っているようだ。

どういう違いが出るか、と思って、半分はそのまま、半分はトーストして食べてみた。

あ、そうそう、箱の中やこういう紙、油でギットギトだった。
ドーナツという食べ物の性質を考えると、仕方ない、か。
油で揚げないとドーナツではないからねぇ。(笑)

食べて思ったのが、これ、持ち帰りの場合、問答無用で、トーストした方が絶対にいい!!
これは断言する。

そのままだと、味気なーい感じだったけれど、トーストすると、素材の良さが引き立っていた。

が、紙類が油でギットギトだったので、想像つくけれど、正直、油っこい。
うわー、これは後で気持ち悪くなるかも?と思ったけれど、そうでもなかった。

なんでだろう?と思って調べてみると、コエ・ドーナツは、素材にもかなりこだわっていて、油は米油だそうだ。
だから、気分悪くならなかったのか、と合点。
これが他の低価格の油だったら、間違いなく、気持ち悪くなっていただろう。(苦笑)

金ごまの方は、トーストすると、ごまがサクサクでいい食感。

プレーンも金ごまも、美味しぃ~~という感じではないと思う。

つまり、世間一般的な認識、美味しい=あま~いだったら、そうではない。

ものすごくそっけないというか素朴というか、変な言い方、例えだけれど、あま~いスイーツが、食パンにジャムを塗って食べるなら、
ここのドーナツは食パンをそのまま食べているような感じ?
もっといい例え方があればいいのだけれど。(苦笑)

なんであれ、甘さを期待するドーナツではない、ということ。

だから、甘々大好き!っていう人にとっては、「美味しくない」部類になるだろうし、甘いものは苦手なんだよねぇっていう人にとっては、食べられるスイーツだと思う。
但し、油っこさは除く。(笑)

とにかく、今旬で話題のものをお土産として買って帰られてとてもよかったし、いい体験が出来た。

もしかしたら、姫路でここのドーナツを食べた人としては、かなり早いほうかも?!

|

« 逆順 | トップページ | 気になっていたところ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆順 | トップページ | 気になっていたところ »