« やっぱり面白い | トップページ | 花火 »

2019年7月26日 (金)

明るくなっている

2日連続の熱帯夜。

夜になっても、なかなか室温が下がらないねぇ。

一日中、水の中に入っていたいよ。(笑)

 

何気に、ダイソーに入ってみた。
いつものように、電気小物の棚に行くと、見慣れない、新しい商品が。

ダイソーには、数年前から、電球型のUSBライトが売られていた。
明るさはそこそこなので気に入っていたのだけれど、色が白熱色のみ。
ベッドサイドに置いて、読書灯としてはいいのだけれど、物書きにはちょっとな、というのが、僕の感想。

この明るさで昼白色のものを出してくれればいいのに、と、ずーーーーーーーーっと思っていた。

他の100均の店には、昼白色のものがあったようだけれど、既になくなっていた。
しばらくしてから、セリアでも売られるようになった。

以前書いた記事がこれ

デスクライトとして使えそうな、昼白色。
が、残念ながら、これは明るさが弱かった。

ダイソーのものもセリアのものも、一長一短で、泣けるね。(苦笑)

妥協案として、セリアのものを2個使っていた。
これで、そこそこの明るさになったのである。

話を戻して、その見慣れない商品というのが、その電球型USBライト。

既に白熱色のものが売られているのに、新たにこれが売られるというのは、どういうこと?
パッケージを見ても、色が書かれていない。
でも、パッケージの写真は、明らかに、昼白色。

心配だったのが、このパッケージ、なんか見覚えが...
もしかして、セリアのものと一緒?
だったら、買う価値ないかなぁ、と思ったけれど、まぁ、108円だし、いいか、と思って買ってみた。

家に帰って、まずは、パッケージ確認。

案の定、同じような感じだった。
これが、セリアの方。
</

これが、今回買った方。10SMD 電球型USBライト -MONOTONE-。

なんで似ているのかな?と思ったら、どちらもグリーンオーナメントの商品だったから。

ま、まずい!
これは全く同じかもしれない、と、明かりをつけた時の僕の泣き顔が想像出来る...(苦笑)

とりあえず、いつものように、外観撮影。

表のパッケージ。

側面。ケーブル長は、約1m。

裏は、注意書き。

USB接続なので、PCのUSBポート、USBコンセント、モバイル・バッテリーに接続できる。

実物。色は、この黒と白があった。今回は黒を買ってみた。

手持ちの電球型USBライト。左から、ダイソーの白熱色、セリア、今回のもの。

外観の作りは、セリアもダイソーも同じ。

明かりを点けてみた。

とりあえず、今回買ったものは、間違いなく、昼白色だった。右端。

うん???
明るさが違う??

セリアのものとダイソーもの。

これは、明らかに、ダイソー(右)のものの方が明るい。

とりあえず、白熱色のものと比較。

色味が違うのでわかりづらいけれど、明るさは同等のよう。

実際に、机の上で点けてみた。
まずは、セリアの方。

こっちは、ダイソーの方。

コンデジで撮影したので、ちょっとわかりづらいね。数値を出そう。
セリアの方は、F値4.5、シャッタースピード1/40秒、ISO800。
ダイソーの方は、F値4.5、シャッタースピード1/40秒、ISO640。

違うのは、ISO感度だけ。
つまり、ダイソーの方が、それなりの明るさがあるので、同じF値、シャッタースピードでも、ISO値が小さくなっている。
また、画像で見ても、キーボードの文字は、ダイソーの方が明るく見える。

ということで、今回グリーンオーナメントがダイソーに卸している電球型USBライトは、明らかに、セリアのものより明るくなっている!

中を開けてみた。

左がダイソー、右がセリア。

この辺のことは僕はよくわからない。
LEDの数は同じ。
でも、よーく見ると、半田の当て方、抵抗(?)がちょっと違っている。
これが、同じLEDでも、明るさが違う理由なのだろうか?

明るくなった分、触るとかなり熱を感じる。

この商品、グリーンオーナメントのWebサイトでも紹介されていた。今月の新商品だったようだ。

細かいことだけれど、パッケージに書かれていた商品番号が違っていた。
セリアは「No.31096」、ダイソーは「No.31136」。

ということで、今回買った、ダイソーのグリーンオーナメント製電球型USBライトが、やっと理想的な(笑)デスクライトとなったのである!
泣かなくて良かった。(笑)

明るさ重視なら、ダイソー。白熱色か昼白色が選べる。
昼白色が良くて、明るすぎるのはな、という人は、セリアのものを選ぶといいでしょう。

|

« やっぱり面白い | トップページ | 花火 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり面白い | トップページ | 花火 »