« 生活感のある | トップページ | まだまだ見ごたえある »

2020年4月16日 (木)

近くで

天気よし。

が、空が霞んで、水色だった。

朝はまだひんやりしていたけれど、お昼を過ぎると気温上昇。

このくらいだと気持ちいいね。

 

ハローキティ新幹線、どーーしても、近くで撮りたくなった。(笑)

そういう場所があるようなので、そこに行ってみた。

現場に行って思った。

よくもまぁ、こんな足場の悪いところで撮影出来るな、と。(苦笑)

斜面を登る時に、足の踏ん張りがきかず、肋骨の背後をひねってしまったよ...
くしゃみすると、メチャクチャ響く...(泣)

今回は、朝はパスして、お昼のみにした。

理由は、順光ではなく、逆光、せめて、半逆光で撮影したかったから。

現場に到着し、練習開始。

早速、背後から来た。

出たところをするぐとらえた。

後部も何とか。

この場所は、トンネルの出入り口。

新幹線がトンネルの中にいる時、独特の音がするね。
だから、来た、というのがすぐにわかる。

こんなに新幹線に近い場所はなかなかない。
いくつかやってみたいことがあったので、それをやることに。

何度か撮影していると、早速、今回の準主役の登場!

レールスター。

走っている新幹線のほとんどが、N700系。
形や色がほぼ同じなので、正直、面白くない。

そんな中、ハローキティ新幹線は500系、このレールスターは同じ700番でもちょっと違う形。
そして、色も。
あと、僕は、このライトのポジションが好きだな。

少しずつ近づいてくる。ドキドキ。

ライトが点いているのがいいねぇ。
新幹線は、正面から撮影すると、こういうのがあるんだね。

やったね、きちんととらえることが出来た!

よかったよかった。

次は、広々と撮りたいと思ったので、こうやってみた。

本当なら、超広角でデフォルメしたかったけれど、さすがに距離がありすぎるので無理だと思い、この程度にした。

これが綺麗な青空だったらよかったのにねぇ...

関係ないけれど、昨日の天気がせめてこのくらいだったらよかったのになぁ。

そうそう、流し撮りもやってみよう、と思ってやったけれど、

難しい!

近距離で斜めに走ってくるって、とらえるのが難しいねぇ。

トンネルから出たところをなんとかとらえられた!

なんとなーく、流し撮りっぽい。

後部車両は、ダメダメ。(苦笑)

でも、車両がもっと右側に来ていれば、これはこれで面白い。

もう1回。

シャッターを何度も切ることが出来ないので、ワンショット流し撮りになってしまう。

やっぱり、連射がきちんと出来るデジ一眼でないと難しいね。

今回、新幹線を撮影するにあたり、ちょっとだけ勉強した。

鼻が切れてしまったけれど、N700系。

これは、N700A。

ちょっとした違いしかないらしいけれど、模様としては、扉の横に、「A」という文字がある。

これは、JR西日本とJR九州で走っているN700系。「さくら」のようだ。

色が真っ白でないから、ちょっといいな、なんて思う。

新幹線の時刻表を見て、「さくら」とか「みずほ」ってあったから、そんなの知らないぞ?と思っていた。
僕は古い人間で、「のぞみ」「ひかり」「こだま」しか知らない!(笑)

どうやら、JR九州から来るものが、「さくら」「みずほ」のようだ。

なるほどね。

上記の新幹線、掃除できないんだろうね。
天井が目茶苦茶汚い!

閑話休題。

この撮影場所の面白いところは、遠くの方からやってくるのがわかるところ。
まっすぐではなく、ちょっとカーブしているのもいい。

電柱や電線でゴチャゴチャだけれど、でも、この雰囲気がとてもいいと思う。

ライトが光っているんだよね。この写真ではわからないけれど。

今日は、望遠レンズを持ってこなかったので、コンデジで撮影し、トリミング。

色々と撮影していて、ハプニング発生!

電池が終わりそう。
でも、大丈夫、予備があるから、と思って、入れ替えたら、そいつも終わりかけ。

げ、数日前、終わりかけていたのを充電し忘れていた...(泣)

あともう少しで、ハローキティ新幹線なのに!

まだ少しは撮影出来るだろうから、それまでは練習なしで温存。

時間になった。

遠くからやってくる。

トリミング。

N700系で、何度も練習し、レールスターも問題なしだったので、自信満々で撮影に挑む!
でも、電池切れしないかドキドキ。

いい感じだ。

最後!

ガーーーン!

あんなに練習したのに、シャッター切るのが早すぎた...(泣)(泣)(泣)

左の電柱は入れたくなかったのである。

シャッターを切った瞬間、まずい!と思ったんだよね。

いつもであれば、最後尾まで撮影するのに、そこで切り上げてしまった。

何気に電池のことが気になっていたんだろうなぁ。

それでも、外れたわけではないから、トリミングだな。(苦笑)

まだまだ練習しないとね。

これ。

明るさ調整では、このくらい沈めてもいいかな、と思う。

どちらがいいかは好みだろうね。

あと、角度はこのくらいの方がバランスが取れていると思う。
正面寄りだと、側面のハローキティの絵が見えなくなるし、側面寄りになると、顔が隠れてしまう。

写真を見て思った。

このハローキティ新幹線も結構汚れているねぇ。
汚れているけれど、毎日頑張って走っているな感があるし、ハローキティなのに、Wild感がある。(笑)
綺麗な車両もいいけれど、これはこれで「味」があると思う、と、何度もじーっと見て思った。

来週、何日かお休みがあるようなので、その時に、点検を兼ねて綺麗になるのかな?
来週、また撮影したら、綺麗な状態のハローキティ新幹線を残せるかな?

なんとか、近くで撮影出来たし、電池が切れて撮影出来なかったとはならなかったので、よしとしよう。
これまでは、車体が何かで遮られていたり、下から見上げる感じだったり、遠かったり、と、まともな状態で撮影出来ていなかったけれど、こうやって、きちんと撮影出来て、嬉しい。

ハローキティ新幹線、これで一区切りかな。

|

« 生活感のある | トップページ | まだまだ見ごたえある »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

日本写真 新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活感のある | トップページ | まだまだ見ごたえある »