« 空が綺麗だと | トップページ | 今回は逆 »

2020年4月23日 (木)

世界でいちばん長い写真

雲多めだった。

空気がひんやり、また、風が強く、寒く感じた。

もうそんなに寒くならないと思っていたのにねぇ。

 

少し前に、GYAOで「世界でいちばん長い写真」という映画が公開されていた。

写真に関するものということで、興味深く観させてもらった。

結構面白かったというか、へー、そういうカメラがあったんだ、という面白さがあった。

原作があるということで、そっちも読んでみることに。

世界でいちばん長い写真/誉田哲(光文社文庫)

読んでみると、映画とかなり違っているね。

映画を先に見たから、そっちが前提で比較してしまう。

ネタバレにもなるので、ごまかしながら書いてみる。

どちらにも良さがあるんだけれど、最後の撮影に関しては、映画の方が印象的かな。
撮影現場の雰囲気がとてもいい形で表現されていたと思うし、同級生の最後のあの行動は、なかなかいいと思った。伏線回収にもなっていたし。
小説の方は、撮影そのものに関しては、主人公がメインという感じではなかったし、そのシーンは、映画では本当にクライマックスなんだけれど、小説だと淡々としているというか、あまり盛り上がりはない。

撮影後の話に関しては、映画と小説では全く違っている。
映画の方は、・・・、とごまかしておく。(笑)
小説の方は、現像の様子が描かれている。

小説の方では、従妹がかなりいいキャラ、いい味出している。
これは面白いというか、映画にはないよさがあってよかった。

その世界でいちばん長い写真そのものに関しては、小説だとイメージしづらい。
でも、映画だと、そのものが出てくるし、ビジュアル化されているので、こういう写真も面白いなぁ、と思えると思う。

終わり方は、映画の方は、青春的な終わり方、小説の方は、人生訓的な終わり方。
どちらが好み?

出来たら、両方を観て、読んで、いいとこどりして、頭の中で結合してしまった方がいいかもしれない。(笑)

と、面白いことに、ちょうど小説を読み終わった時に、再び公開された。

世界でいちばん長い写真 | 映画 | 無料動画GYAO!

せっかくなので、これを観てから、小説を読んでみるといいと思う。

お勧めである。

 

 

|

« 空が綺麗だと | トップページ | 今回は逆 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空が綺麗だと | トップページ | 今回は逆 »