« あんなにあったのに | トップページ | スーパーカブ »

2021年5月10日 (月)

画期的

今日も朝からいい天気だった。

気温は、午前中の早い段階から、20度超え。

予報通り、午後過ぎから曇り。

 

こういう状況になってから、散髪はお店に行かず、自分でカットする、セルフカットをしている人はいると思う。

以下は、そういう人で、サイドやバックを刈り上げしている人向けの話。
(セルフカットをしていなくても、日々の髪の毛のメンテナンスでも活用出来る。)

セルフカットで難しいのは、サイドやバックの刈り上げ、だと思う。

素人がハサミだけで、ましてやセルフカットで、散髪屋さんがやってくれるように、綺麗に整えるのは至難の業。

そこで、セルフカットでの最終調整に、回転式電気シェーバー/電動シェーバーを使うというのはどうだろう?という提案。

使うのは、モダンなものではなく、原始的な回転式がベター。

例えば、パナソニック スピンネットES6500P

これ、乾電池式なので、組み込み充電池がダメになって使えない、ということにならない。
単3充電池2本を数組用意しておけば、充電切れ、なんていうことにはならない。
1回の充電でかなりの日数、使えるので、予備の充電池はほぼ不要だけれどね。

これを何十年も使い続けている人って結構いるらしい。

  • 肌に優しい
  • プレシェーブローションのようなものは不要(防水ではない)
  • 何よりも安い

深剃りには不向きだけれど、それでも、時間を掛ければなんとかなる。(笑)

他には、マクセルイズミIZD-585-Sとか。

 

以前から、首の後ろの襟足ではない、短い産毛剃り(散髪屋では、カミソリで剃ってくれる部分)には、この回転式電気シェーバーを使っていた。
髭剃りの延長だ。(笑)

いつも通りそれをやって、ふと思って、鏡を見ながらもみあげを「剃って」みる。

いい感じで短くなった・整ったので、耳周りのサイドもやってみたら、綺麗に揃えることが出来た!
キリがないし、うまく切ることが出来なかったから放っておいた不揃いのピョンピョン出ていた長い毛が苦労なく短くなった。

手の感触を頼りに、首の後ろの襟足のスソ揃えもしたけれど、いい感じ。
(セルフカットに慣れた人なら、鏡を見なくても、手の感触でなんとなくわかる・なんとかなると思う。)

こんないいやり方があったなんて、と、自分でやってみて感動!

これ、画期的なセルフカットじゃない?!?!(笑)

きっと、回転式電気シェーバーを使ってセルフカットの最終調整をしている人、多いんじゃない?と思って、ネットで検索してみたけれど、サラッと、最終調整で使う、と書いていた人が数人いたくらいで、情報としてはあまり出てこなかった。

こういう使い方をしている人は意外と少ない?!?!
それとも、当たり前すぎて、話題にもならない?!?!(笑)

 

セルフカットのやり方。

  • いつも通り、スキバサミやストレートのハサミで、髪の毛を切る。以前のように(神経質に)、整えようと思わなくていい
  • ある程度カット出来たら、最終調整に、回転式電気シェーバーを使って、もみあげ、サイド、バックを「刈り」、整える
  • 上記の通り、襟足近くの短い毛は、ジョリジョリと剃る

いつもの工程に、回転式電気シェーバーを加えるだけだ。

このやり方のメリット。

  • 鏡に近寄って、カット具合を確認しながら整えられる(視力の悪い人には超嬉しい)
  • 髭剃りなので、剃ったものは中に入ってくれ、剃った(カットした)毛がポロポロこぼれない(髪の毛をハサミで切らず、回転式電気シェーバーを使うだけなら、いちいち、新聞紙を敷いたり、散髪用のケープを付ける必要性なし)
  • 気を付ける必要はあるけれど、ものすごい長さの髪の毛が外刃に入るわけではないので、刈り過ぎない
  • 髭剃りついでに、定期的(1週間や2週間ごと)、もしくは、気になった時に、サイドやもみあげ、襟足を剃れば、セルフカットの頻度を減らせる?!?!(このことに気付いたばかりなので、まだ未検証)

理想的なやり方としては、

  • 一度、散髪屋で整えてもらう
  • その状態から、気になった時に、回転式電気シェーバーで整える

だと思う。

そうすれば、より綺麗に整えやすくなると思う。

ということで、自分で自分の髪の毛をカットする場合、回転式電気シェーバーを使えば、ハサミでは切りにくい、ピョンピョンはみ出ている毛を簡単にカット/調整出来る!

何よりいいのが、ふと思った時に出来ること。
上記の通り、髪の毛がこぼれないので、どこででも、好きな時に出来る。

セルフカットのためだけに、また、使用頻度を考えると、バリカンを買うのはなぁ・・・という人にはいいと思う。

バリカンだと、それなりの値段がするけれど、パナの回転式電気シェーバーだと、1,000円ちょっと。
ちなみに、替え刃を買うより、本体を買い替えた方が安いという。(笑)
もちろん、髭剃りとして使えるので、使用頻度を考えると、無駄な出費にはならない。

往復式/横一文字の電気シェーバーでも、髪の毛をつかんでくれれば可能かも。
とりあえずやってみて下さい。

と、回転式電気シェーバーの画期的!な使い方の紹介であった。

 

追記

約1ヶ月後に思ったことを、ここに書いております。

|

« あんなにあったのに | トップページ | スーパーカブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あんなにあったのに | トップページ | スーパーカブ »