« ものは考えよう | トップページ | かなりお得な取り引き »

2021年6月29日 (火)

ご苦労様とお疲れ様

朝は雲多めだったけれど、しばらくすると、晴れた。

 

ご苦労様とお疲れ様の使い分けって、あやふやだったりするよね。

出番が減る「ご苦労様」 上司も部下も〝同じあいさつ〟に お作法の変化、きっかけは70年代のマナー本(withnews) - goo ニュース

を読めば、なるほど、と思う。

僕は、ここに書かれているような感じで、随分前から、ご苦労様は、上の者から下の者への労わりの言葉、お疲れ様は、上下関係なく使える、という認識でいた。

でも、使い分けも面倒だから、上下関係なく、お疲れ様を使うようにしている。
その方が気を遣わなくて済むしね。(笑)

でも、お疲れ様って、ある分野では、「おつかれ」→「お憑かれ」になるので、つまり、見えない何かしらに憑かれてしまうから使わないように、なんていうのもあるようだ。
日本語らしい、語呂合わせだ。(笑)

こういう語呂合わせでは、話す=離す、というのがある。

いいことに関しては、離さないようにするために、話さない、嫌なことなら、それを自分の中に留めておくのはよくないので、話した方がいい、とか。

言葉って、時代とともに変化しているから、また、印象も変わるから、本当に生き物だと思わされる。

|

« ものは考えよう | トップページ | かなりお得な取り引き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ものは考えよう | トップページ | かなりお得な取り引き »