« 思い切ったねぇ | トップページ | 素晴らしい »

2021年6月26日 (土)

そういうことなのね

朝から曇り。

今年の梅雨は、空梅雨に近いね。

 

ネット上では、Windows 11関連の話題で賑わっているね。

僕はこだわるけれど(笑)、Windowsは、Windows 10で終わり、とMicrosoftが言った件、ここに、そういうことなのね、と思うことが書かれていた。

Windows 10はなぜ最後じゃなかった?次世代の「Windows 11」がリリースされた理由 - CNET Japan

一部引用させて頂く。

そこで、2015年にリリースされたWindows 10ではそうしたメジャーバージョンアップはもう行わず、半年に1回行なわれる「機能アップデート」を通じて新機能が提供されていく、そうした「アジャイル開発方式」へと転換したことを象徴する言葉が「Windows 10は最後のバージョンのWindows」(つまりメジャーバージョンアップはもうない)だったのだ。

Microsoftがそのように言ったのか、執筆者の解釈なのかはきちんとはわからないけれど、なるほどねぇ、という感じだ。

それでも、「最後のバージョンのWindows」と言ったんだし、更に、インターフェースを刷新し、古いハードウェアを切り捨て、Internet Explorerを削除する、という、思い切ったことをするんだから、新しい名前のOSにしてしまえばよかったのに、と思う。
(多分、Windowsという名前があまりにも定着しすぎていて、それと同等の相応しい名前を出せないんだろうな。)

そうすれば、もっと思い切ったことも出来ただろうに。

本来は、Windows 11ってWindows 10の延長だったはず。
でも、変更が色々とあるので、バージョン番号を変えざるを得なかったんだろうけれど、Windowsという名前を使って、また、数字を使うと、やはり、今までのWindowsのバージョンアップ版なんだな、と、一般的には思うからねぇ。

納得のいくようないかないような「言い訳」だな。(笑)

理想的には、今までの資産も活用出来るWindows 10系のOS、そして、過去の資産はあまり考慮しない新しいコンセプトの新OSの2本立てがいいかな、と思う。
Windows 10系は、新機能なしで、セキュリティ・アップデートのみでいいと思う。
いずれ、その新OSに移行させるように仕向ける。

 

話は全く変わるけれど、中古PC、売れなくなるだろうね。

Windows 11に移行出来ないのがわかっていて、つまり、寿命が後4年ほどと知っていて買う人って、どのくらいいるだろう。
相当割り切って買うか、よっぽどお値打ちだから買うか。

 

ところで、2095年や2098年になったら、Windows 95やWindows 98という名前を使うだろうか??(笑)

|

« 思い切ったねぇ | トップページ | 素晴らしい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い切ったねぇ | トップページ | 素晴らしい »