« 移行完了 | トップページ | スマホをWebカメラ化 »

2021年7月11日 (日)

画像比較

今日は、久しぶりに朝から太陽が見えた!

日中は青空で、気温も上昇!

予報を見ると、雨マークがほとんどなくなったので、どうも、梅雨明けしたと言ってもいいかもね。

 

ふと見ると、綺麗なピンクというか、赤紫というか、花に目が行った。

太陽に向かって、こんにちは、だね。

これを撮影して、ふと思った。

あ、スマホのカメラ機能も試してみよう、と。

ということで、Xiaomi Redmi 9Tのカメラとコンデジとの画像比較!

何も考えず、ただ撮影しただけ。

実際は、広角で撮影されたので、上記はトリミングをした。

また、露出補正もしないで、カメラ標準のまま。

寄っていなかったので、白飛び状態。

それはともかく、全体的に、この手のスマホのカメラらしく、カリッカリの画像だ。
つまり、シャープネスバリバリ。

これはスマホの画面上で拡大して撮影。

露出はマシになったけれど、やっぱり、カリッカリだね。

次は遠景。

コンデジ。

9T。

これらを比較すると、露出的にはそんなに問題なさそう。
9Tの方は、相変わらず、シャープネス強め。

次は、広角撮影。コンデジ。

安定の色、露出。

が、9Tは。

アンダー目で、そういうこともあってか、くすんだ感じに見える。

次に、煙突部分を等倍トリミング。コンデジ。

9T。

細部が潰れているねぇ。

このカメラ機能、画素数的にはかなりいいはずなのに、なんでだろう?と思ったのだけれど、原因というか、もしかして、というのがわかった。後述。

オマケ。

9Tの超広角モード。

スマホでの撮影に慣れていないので、指付き!(笑)

この超広角モードは面白い。

さて、この9Tのカメラ、もっと画素数があったと思ったのだけれど、と思って調べてみると、4800万画素となっている。

でも、実際の写真は、1200万画素。

どういうこと?と思って、カメラの設定を見る。

うん、写真のクオリティは「高」になっている。

色々と見ていると、モードのところに、「48M」というのがある。

そういうことか。

意図的に、ここで選択しないと、4800万画素で撮影出来ないということのようだ。

家の中で確認してみると、そうだった。

とりあえず、今日の時点での僕の評価は、コンデジでいいや、というか、やっぱ、コンデジの方がいい!(笑)

餅屋は餅屋だな、と思った。

そもそも、センサーサイズが違うから、どうしようもないよね。

最近はスマホで記念撮影、しかも、一生に一度の撮影をスマホで撮影している人がいるけれど、もし、こういう感じのクオリティのカメラ性能でそういうことをやっているのであれば、ちょっと考えた方がいいと思う。

まぁ、iPhoneやHuawei、最近だと、SHARPやLeicaが出した、Leica監修のカメラ機能だったら、また違うんだろうけれど。

高級コンデジやものすごく高いミラーレスカメラを買う必要はないけれど、そこそこのもの、5,6万円くらいのもので買って、記念撮影した方がいいと思う。

今日はお試しだったけれど、今度は色々と撮影して、どんな風に撮影されるかやってみたいと思う。

|

« 移行完了 | トップページ | スマホをWebカメラ化 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移行完了 | トップページ | スマホをWebカメラ化 »