« アルミホイルって、面白い素材 | トップページ | 下り坂 »

2021年9月 6日 (月)

なんで日本にはないのだろう

午後過ぎまで晴れ、3時のおやつ頃から雲多め。

いい感じのモコモコ雲だ。

 

充電池のことを調べていて、とても便利そうな充電器の存在を知った。
リチウムイオン充電池を充電する人達の間ではとても有名らしい。

乾電池型のリチウムイオン充電池なんてあるんだね。
サイズは、単3形より大きめ。

容量も大きいのだけれど、基本、3.7Vという電圧で、一般家庭では使いみちがなさそう。
調べてみたら、モバイルバッテリー的に使うとか、それ専用のLED電灯のようなもので使うらしい。

5Vだったら、使いみちありそうだけれど。
昇圧する装置を使えばいいようだけれど、敷居が高い。

その充電器、リチウムイオン充電池を充電するだけではなく、一般的なニッケル水素充電池も充電出来、また、便利な機能があるようだ。

放電をしてくれたり、充電池をリフレッシュして、本来の性能を取り戻してくれたりするそうだ。

それはとてもいい!ということで、俄然、興味を持ったのである。

調べてみると、

Xtar

Dlyfull

という2つのメーカーが良さそう。

Xtarの方は、VP4 Plus, VC4S, VC2Sというもの。
VP4 Plusは、バッテリー・チェッカーも付いていて、かなり高機能のよう。

Dlyfullでは、UT4, UT1というもの。
UT1は、ニッケル水素充電池専用のようで、僕のように、その充電池しか使っていない人にはよさそう。

こういう多機能な充電器、なんで日本にはないのだろう?と思う。
安全面の問題か、補償の問題か。

こういうところを、いい意味で割り切っている中国って、すごいと思うし、だから、こういう思い切った製品を出せるんだよね。
どんどん追い越されていくはずだ。

こういう充電器を使って、もうダメか?と思っている充電池を復活させられたら面白いだろうね。

|

« アルミホイルって、面白い素材 | トップページ | 下り坂 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルミホイルって、面白い素材 | トップページ | 下り坂 »