« 引いてみな | トップページ | 初めて »

2021年9月15日 (水)

頑張ってくれている

今日は、朝からうっすらと太陽が見えた。

お昼前後は曇り。

お昼過ぎてから、また太陽が出てくれた。

 

3大キャリアがサブブランドを展開したことを切っ掛けに、MVNOも追随して料金やサービスの改定。

僕が最初に、お!と思ったのが、日本通信SIM

かけ放題やら何やらが、その頃ではとても安かったし、サービス内容はとてもシンプル。

そのサブブランド的なHIS Mobileには驚かされた。
電話番号を月600円以内で持てるんだから!

上記2つは、標準の電話アプリで電話を掛けられるというのがいい。

 

HIS Mobileのことを調べていたのが切っ掛けで、BIGLOBEモバイルのことを知った。

1年間限定ではあるけれど、料金が割り引き。
そして、エディオンで契約して、Xiaomi Redmi 9Tを0円でゲット!

その辺のことは、ここに書いた。

 

あまり目立ってはいないけれど、10月からAEON MOBILEが料金値下げするようだ。

 

そして、ほとんどの人が意外性で驚いたと思う。

3大キャリアの1つが、思い切ったプランを出してきた。Povo2.0

基本料金は0円で、自分の思う時に、希望の通信容量を支払うというもの。
その支払い方を、「トッピング」という今風の言葉で表現している。

でも、このサービス内容を見て、あれ?これって・・・と思った人は多いはず。

今はかなり廃れてしまっているけれど、プリペイド式の契約と同じで、ただ、言い方を変えただけなのでは?

プリペイド式の契約では、お金をチャージした時は、通話・通信とも、料金内で問題なく出来る。
が、お金がなくなったり、料金の使用期限が過ぎると、通話(SMS)の受信は出来るけれど、電話発信、Eメールの送受信、ネット通信は出来なくなる。

Povo2.0は、それと似たようなもののように見えるけれど、ちょっぴり違っているようだ。

クレジットカードを登録しておけば、例え、トッピングしていなくても、データ通信は最大128kbpsで可能、通話はもちろん有料だけれど、必要であれば電話を掛けることが出来る。

ここが大きな違い。

プリペイド式の契約だと、チャージしていなければ、電話を掛けたくても掛けられないからね。
でも、Povo2.0だと、通話した分だけ支払えばいい。

ただ、通信に関しては、支払う容量によっては、有効期限が短いのでは?と思うものがある。
無期限、とまでは言わないけれど、数ヶ月は有効だったら言うことなしだろうね。

契約(電話番号のキープ)が有効なのは180日のようだけれど、その期間内にどれかをトッピングしておけば、契約を継続出来る。

ただ、これ、マメな人でないと問題が出るかもね。

自動トッピング機能は、現時点ではなさそうだから(そのうちそういうのが出来そう)、トッピングのし忘れ注意、だね。
通信は遅くなるだけだからいいけれど、通話の方で、かけ放題系をトッピングし忘れると、実費を支払うことになる。
なんらかの注意を促す機能があればいいけれど、そういうのはなさそうだし。
せめて、その日のうちにトッピングすればセーフ、っていう仕組みだったらいいのにね。

 

で、こういう感じの、ほぼ無料の契約で先端(?)を行っていたのが、Rakuten UN-LIMIT VIだと思う。

基本料金0円で、電話番号をキープ出来る。
電話アプリを使えば、主な通話は無料!
更に、通信は、1GBまでであれば、無料!
1GBを超えたら、使った分だけ支払い。

条件を見れば、Rakuten UN-LIMIT VIの方がいい。

が、最近、通信障害を起こしているし、電話アプリ(IP電話)には色々と問題があるようで。

通話品質を重視するなら、Povo2.0の方がよさそうだ。

 

最後は、これまた注目すべき料金、サービスを新たに打ち出したプロバイダー、y.u mobile

この名前には馴染みがなく、最初見た時は、Y!mobileのことを言い間違えているのでは?なんて思った。(苦笑)

このy.u mobile、10月から、5GBのプランが、1,070円だって。

サービス内容がいい。

月々の余った容量は、翌月のみの繰り越しではなく、永続的に繰り越し。
だから、余ったら、どんどん積み上がっていく!

更に面白いサービスとして、修理費用保険0円で端末保証をしてくれるとのこと。
他で買った端末もOKだって。

他には、シェアプランというのがあって、それに入ると、U-NEXT(月額2,189円、映画やドラマ、アニメ観放題、漫画、書籍読み放題)が付いてくる。
シェアする人数が増えれば、一人当たりの料金が安くなるので、とてもお得。
エンタメ系が好きな人にはとてもいいと思う。

なんでこんなサービスが付いてくるの?と思ったら、親会社がUSEN。納得だ。

見ていて、うーん・・・と思ったのが、電話

専用アプリで、プレフィックス式のよう。
IP電話ではないので、音質は問題ないだろうけれど、どうもアプリの使い勝手があまりよくないようだ。

「10分かけ放題」「無制限かけ放題」のようなオプションを使うにしても、プレフィックス式なので、プレフィックス対応の電話・連絡帳アプリを使えば、使い勝手は少しはマシになるかな?

その辺は工夫が必要だろうけれど、5GBの料金、繰り越し無制限、修理費用保険0円、シェアプランであれば、U-NEXTのエンタメ系が付いてくる、というサービスに魅力を感じるならありだろうね。

 

とまぁ、各社とも頑張ってくれているけれど、一長一短。(笑) 消費者としては有り難いことだけれどね。

サービスを比較して、自分のスタイルに合ったものを選べればいいね。

|

« 引いてみな | トップページ | 初めて »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引いてみな | トップページ | 初めて »