« 遭遇率 | トップページ | 頑張っている »

2022年4月10日 (日)

見納め

今日もいい天気だったけれど、空は霞んでいた。

気温も上がり、暑く感じた。

 

ハローキティ新幹線と桜撮影は終わりにして、散り始めている桜がどんな感じか見に行ってみた。

桜の咲くのが早かった場所、

かなり散っているけれど、まだ花びらが残っている。

反対側は、少し遅れて咲き始めたので、かなり残っている。

一番最初に咲く桜の木。

これはほぼ散ってしまっていた。

目的地の一つ目は、手柄山。

桜以上に目を引いたのが、

綺麗に咲いていたチューリップ!

めちゃくちゃいい!

綺麗に手入れされているね。

さて、桜の方は?

木によってはまだ残っているけれど、

基本的には、↑のような感じで、ほぼ散っている。

右下の桜はまだ綺麗に咲いている。

姫路城。

空気が霞んでいるのがよくわかる。

下の桜↑がもうちょっと残っていれば、ハローキティ新幹線を待って撮影しようかと思ったんだけれど。

と、手柄山はこんな感じであった。

次の目的地へ移動。

道中に見た桜の木。

桜の種類によっては、今満開になっているものもあるようだ。

まずは、姫路城の北側。

まだ花びらが残っていた木と一緒に。

三の丸広場。

時間的にはまだ早かったので、花見をしている人達はそんなに多くなかった。

この写真を撮ろうと思った時のこと。

おお、結構残っているな、と思って、カメラを構えると、左から歩いて来たおじさんが止まろうとしてくれた。

カメラを下ろして、その人を先に通そうと思って、どうぞ、と合図。

すると、そのおじさんは、「綺麗に残してあげてね。」って。

おじさん、綺麗に残せていると思いますか?

こうやって撮影していて思った。

この辺は、そんなに空気が霞んでいる感じはしない。

空もそこそこ綺麗だし。

カメラスタンドがあるので、一緒に撮影することが出来る。

主はどうか?

上の方は結構残っているね。

姫路城の桜は、終わりかけだけれど、思った以上に頑張って残ってくれている。

基準木(右)と一緒に。

基準木だけに、さすがに、ほぼ散っていた。

踊る桜の木も。

観光客がぼちぼち増えてきた。

団体客も来ていた。

天気はいいし、まだそこそこ桜は残っているので、観光客にとってはよかったのではないだろうか?

おじさんに一言言われた桜の木のところ。

東側はほぼ終わりだ。

姫路城十景の一つの見晴らし台から。

例の人が一杯集まる定番の場所に行ってみると、だ~れもいなかった!

よって、撮り放題。(笑)

でも、ほぼ散っているから、華やかさはないけれどね。

正面に回って。

最後は、堀の枝垂れた桜の木。

僕にとっては、姫路城の桜は見納めと言っていいかな?

この桜の時期、ずーっと晴れてくれたのは本当に奇跡だったと思う。

|

« 遭遇率 | トップページ | 頑張っている »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遭遇率 | トップページ | 頑張っている »