« 出てこない | トップページ | Edgeのサイドバーから »

2023年2月25日 (土)

SkypeでBing AIチャット

今日は朝からいい天気だったけれど、お昼過ぎから曇り。

北風がまだ冷たい!

 

昨日、Skypeで、Bing Search(Bing AIチャット)が出来ないと書いた。

試しに、Bing Searchで、SkypeでのBing Search、つまり、Bing AIチャットのやり方を聞いた。

すると、連絡先に、「Bing」が現れる、とのこと。

でも、現れていないので、どうすればいいか聞くと、検索掛けろ、と。

うーん、もしかしたら、AndroidのEdgeの方で、Skypeにログインすれば、出来るのかな?と思ってやってみた。

すると、

連絡先の検索で、Bingと検索すると、一番下に、「ボット」として、「Bing」が出てきた!

関係ないけれど、Bingやbingという名前のユーザーが結構いる。

それをタップすると、

お試し画面が出てきた。

もしかして、Skypeアプリの方でも大丈夫なのかな?と思って、上記の「Try it」をタップせずに、Skypeアプリを立ち上げて、連絡先で検索してみると、いや、検索しないでも、「SkypeのBing」として、「Bing」が出てきた!

「Bing」をタップすると、

「Skypeの新しいBingへようこそ」画面が出て、「試す」をタップすると。

連絡先に、「Bing」が追加!

ちなみに、AndroidのEdgeのSkypeにも、もちろん、追加された。

なるほど、自分の場合は、順番か何かで、昨日はまだ出来ない状態で、今日から出来るようになったのね。

下記からは、AndroidのSkypeではなく、WindowsのSkype。
どちらも同じことが出来る。

Bingと一対一でチャットが出来る。

SkypeでのBing Search、つまり、Bing AIチャットの使い方で面白いのは、グループ・チャットで、Bingを追加しておくと、Bing Searchの回答も共有できるというところ。

ただ、コツがある。

会話入力欄(テキストボックス)で、まず、半角の「@」を入れる。

すると、現在、グループ・チャットに参加しているユーザが一覧でポップアップされる。

そこで、「Bing」を選択する。

会話入力欄の中で、「@Bing」がアドレスで固定され、その後に引き続き、Bing Searchに聞きたいことを入力すると、回答が得られる。

わかりづらいけれど、「@Bing」が、水色で囲われて、固定されている。

上記の状態で、Enter。

以下は、ダメな事例。

会話入力欄に「@Bing」と直接入力しただけではダメ。

下記の上2つは、それでやって失敗。

3つ目の太字になっているものは、「@Bing」がアドレスとなっていて、きちんと質問内容が伝わっている状態。

これが、最初わからなかったのである。

また、Bing Searchに対応していないユーザが、同じことをしても、「申し訳ございません。お客様とはお話しできません。」と、「冷たく」あしらわれる。(苦笑)

なるほどなるほど、であった。

Skypeの中でも、Bing Searchが使えるって、便利になるのではないだろうか?

これこそ、本当に、チャットだよね!(笑)

今となっては、Skypeは下火状態だけれど、もしかすると、少しは巻き返しになるか?!

SkypeでBing AIチャットが使えるようになって、よかったよかった。

|

« 出てこない | トップページ | Edgeのサイドバーから »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出てこない | トップページ | Edgeのサイドバーから »