« SkypeでBing AIチャット | トップページ | 「独創性」「バランス」「厳密」 »

2023年2月26日 (日)

Edgeのサイドバーから

晴れるかと思ったら、曇り。

気温も低めで、ひんやり。

 

Edgeにサイドバー機能が搭載されてから、それなりに経過。

この機能がリリースされた時は、使わないな、と思った。

理由としては、Microsoftが提供するものしか表示出来なかったから。

でも、バージョンアップが重なり、任意のWebサイトが登録出来るようになってから、これはこれで便利だ、と思い、とりあえず表示するようになり、必要な時に、自分で登録したWebサイトを表示させるようになった。

数日前、Edgeに更新が掛かり、再起動して、サイドバーを見ると、見慣れないアイコンが出てきた。

こんなのなかったよな、と思って、クリックすると、新たな機能が搭載されたようだ。

今の時点で、Microsoftが提供している機能で、自分が表示しているもの。

  1. Bingの検索
  2. アイコンが新しくなった。表示しているページの情報を表示。後述
  3. 電卓や翻訳機能、単位変換等のツール群
  4. Officeのアイコン群
  5. メールを表示するOutlook
  6. これが、最新の機能Drop

(1) Bingの検索

サイドバー上で、Bingの検索が出来る。

(2) 表示しているページの情報を表示

Yahoo! Japanを開いていると、その情報を表示してくれる。

しかし、Bingの検索ページを開いていると、ちょっと違う。

Bing.comで検索すると、このサイドバーには、「Google」「Yahoo.com」「DuckDuckGo」の検索結果も表示してくれる。

それぞれのサイトと結果の比較をしたい場合には便利だろう。

ただ、日本人としては、Yahoo.comではなく、Yahoo.co.jpの方がよかったかも。

(3)から(5)は略して、

(6) Drop

このアイコンを見た時、なんだろう?と思った。

調べてみると、新しい機能のようで、Edgeに、Microsoftのアカウントでログインし、Drop上にコメントすると、同じアカウントでログインしている、他のEdge、AndroidやiOSであれ、それらを見たり、書き込みしたり出来る。

WindowsのEdgeで見ていたURLを書き込み、AndroidのEdgeでそれをクリックする、っていうことも可能。

更に、ファイル共有機能があり、ここにファイルをドロップすると、全てのEdge上で参照することが出来る。

そのドロップしたファイルは、OneDrive上に保存されているようだ。

「Microsoft Edge Drop Files」というフォルダが出来ていて、

その中に、そのファイルが保存される。

Drop上で、削除すれば、これも消える。

自分の場合は、これに近いことをすでに実現しているし、Androidでは、Edgeをデフォルトにしていないので、そんなに使わないかな。

Edgeをデフォルトのブラウザにしたら、便利そうではあるけれど。

最後に、これは必須だろう、というものを。

任意のWebサイトを、サイドバーに登録出来る。

せっかくだから、最近、ずーっと話題にしている、Bing Search(Bing AIチャット)を、Edgeのサイドバーから起動するようにするといい。

まず、「https://www.bing.com/search?q=Bing+AI&showconv=1&FORM=hpcodx」を表示。

サイドバー上の「+」を押し、「現在のページを追加」を押す。

すると、サイドバー上に、アイコンが表示され、それをクリックすると、Bing Searchが表示されるようになる。

このサイドバーから表示されるBing Searchは、ちょっとだけ違っている。

普通に開いた場合は、キーボード入力しかできないけれど、サイドバーから表示したBing Searchは、ご覧のように、音声アイコンがある。

そう、音声入力も出来るようになるのだ。

もし、マイクが常時オンになっているなら、音声入力で質問も出来るようになる。

これはちょっといい機能ではないだろうか?

残念なのが、Bing Searchが出してくれるリンクを押しても、別タブにはならず、このページ上で展開されるのは、ちょっと不便だけれど。

少し前まで、会話は出来なかった。

スマホのEdgeやBingアプリで使えるようになってから、使えるようになった。

画面上の方に、ピン・マークがあり、ピン留めすると、画面分割のように、常時表示させられるし、ピン・マークを外すと、表示しているWebサイトに、オーバーレイして、一時的に表示させることも出来る。

今のEdgeのプレビュー版には、Bing Search(Bing AIチャット)のボタンが標準で装備されているそうだけれど、それまでは、こうやって使うといいだろう。

もしかすると、標準装備されても、音声入力が出来ないなら、これはこれで登録しておくメリットはあると思う。

最初の頃は、Edgeのサイドバーなんて使わないな、と思っていたのに、こうやって使うようになってしまったのである。(笑)

 

気が付いた。

どうやら、フォント問題、解決して、メイリオになっているっぽい。

|

« SkypeでBing AIチャット | トップページ | 「独創性」「バランス」「厳密」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SkypeでBing AIチャット | トップページ | 「独創性」「バランス」「厳密」 »