« 正確性 | トップページ | 洗い流してほしい »

2023年3月11日 (土)

Bing Searchの嘘つき

今日も空と空気が霞んだいい天気。

本当に、春の陽気で、今日も22度超え。

スギ花粉の影響なのか、雨ざらしの何らかのもの、小さな粉が被っているね。

 

とても有名な映画

羊たちの沈黙 【字幕版】 | 映画 | 無料動画GYAO!

を観た。
多分、過去、観たことはなかったと思う。

正直、イマイチ面白みがわからなかった。

調べてみたら、これはシリーズ物のようで、時系列で言えば、2作目。

映画での公開は1作目。

レクターが何者かをきちんと押さえていないと、面白みがわからないのかもしれない...

一つだけ、おお!と思ったのがある。

広い部屋の中の檻に入っている時に、レスターは「ゴルドベルグ変奏曲」のテープを聞いていた。

早送りで観ていたので、きちんとした演奏状態はわからなかったけれど、なんか癖を感じられたので、もしかして、Glenn Gouldか?!?!と思って、Bing Searchに聞いてみた。

「映画「羊たちの沈黙」のなかで流れる「ゴルドベルク変奏曲」は、バッハによるチェンバロのための変奏曲です。映画では、レクター博士が情報の見返りにこの曲を差し入れるよう要求し、監獄内で聴いています。
この曲の演奏者は、カナダ出身のピアニストであるグレン・グールドではありません。実際には、イギリス出身のピアニストであるロジャー・ウッドワードが演奏したものです。グールドも有名な「ゴルトベルク変奏曲」の演奏者ですが、映画では使用されていません。」

なんだ、Glenn Gouldではないのか。

面白いのが、Glenn Gouldの演奏なんて一切聞かなかったのに、そうではない、と回答しているところ。
心の中を読まれてしまったか?!
AIは、そこまで進歩しているのか?!?!(笑)

ともかく、ロジャー・ウッドワードという人が演奏したものらしい。

念のため、Perplexity AIにも聞いてみると、「ジェリー・ツィマーマン」と答えた。

え?どっちが正しいの?と思って、普通にネット検索すると、「エンドロールに出てくる出てくるのは、演奏者ジェリー・ツィマーマン」とある。

確認してみると、

「Goldberg Variations  Performed by Jerry Zimmerman」とあるではないか!

更に、Roger Woodwardについて調べてみると、彼、どうも、Goldberg Variationsを演奏していなさそう。
音源としては見当たらなかった。

Bing Searchの嘘つき!
どっからそんな情報を引っ張ってきたんだ??(苦笑)

演奏者はGlenn Gouldではなかったけれど、あながち、Glenn Gouldか?!?!と自分が思ったのは間違いではなかったようだ。

議員との条件交渉で、Glenn GouldのGoldberg Variationsのレコード(テープ)を要求した、とか書かれていた。

えーと、映画の中にはそんな場面なかったよな?と思ったら、小説版の方での話なのだそうだ。

なるほどね。

小説版では、本当に、Glenn Gouldの演奏が使われていたんだ。

変人レスターが、これまた変人のGlenn Gouldの演奏を好むというのは面白いし、わかるような気がする。

ということは、自分も変人ということだな。(笑)

|

« 正確性 | トップページ | 洗い流してほしい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正確性 | トップページ | 洗い流してほしい »