« タコ飯のレシピ | トップページ | キラキラ »

2023年3月17日 (金)

スマホの検索ウィジェットのようなものが

雲多め。

ちょっと太陽が見えていたけれど、午後からは曇り、気温もそれほど上がらず。

 

タスクバーを見ると、見慣れないアイコンがあった。

なんだこれ?と思って、起動してみる。

すると、

スマホの検索ウィジェットのようなものが、画面の真ん中に現れた。

いつの間にこんなのが・・・と思ったら、どうも、Edgeの機能のようで、バージョンアップした時に追加された機能のようだ。

Bing Search(Bing AIチャット)がリリースされて以降、かなり活発というか、積極的というか、そんな感じになってきたねぇ。

この間書いた、Edge右上のbアイコン、Bing AIチャットを使っている人にとっては、便利かもしれないけれど、そうではない人達には邪魔なようで、消す方法を知りたがっているようだ。

必要そうで必要ないので、この機能は消えてもらうことにした。

 

タスクマネージャーを起動して、Edgeのプロセスを見ると、やたらと多い。

タブをいくつかグループ化して、常駐しているというのもあるけれど、初期のEdgeは、ここまでではなかったように思う。

あと、当り前と言えばそうなんだけれど、サイドバーにWebサイトを登録し、一度でも開くと、それがEdgeのプロセスとして追加されてしまう。
そりゃ、ページの一つとして開いているからそうだろうね。

ひっこめても、タブを閉じたのと同じ挙動にはならず、プロセスは残ったまま。

このサイドバーは、うまく使えば便利だとは思うけれど、プロセス残やメモリ使用量に関しては、イマイチのよう。

こうやって機能が増えていくと、プロセスやメモリ使用量が増えていくんだよね。

それ以上に気になったのが、「msedgewebview2.exe」というプロセス。

いや、msedgewebview2を使うようなものを起動したつもりはないんだけれど?

しかも、そこそこメモリを使っている。

調べてみたけれど、よくわからない。

Webサイトを開くだけだったら、わざわざ、こんなのを起動する必要性はない。
Edgeそのものがこれのようなものだから。

可能性としては、Edge内で、なんらかのアドオンを起動した時に、これを使うということで起動されたのだと思う。

それが終わったら、一緒に終わってくれればいいのだけれど、起動しっぱなしのようだ。

困ったものだ。

 

Bing AIチャットの文字入力欄、メチャクチャ打ちづらくなった。

タブキーで、予測変換するようになって、それが邪魔だし、環境によっては、文字変換確定のEnterを押すことによって、送信されてしまう問題対策なのか、普通の文字変換の動きが気持ち悪くなった。

以前の、何でもない、普通の文字入力欄になってほしいなぁ。

もしくは、APIを使って、軽快な自分用のBing AIチャット画面を作りたいものだ。

アドオンでは、APIを使ったBing AIチャット画面を提供している人がいる。

GitHub - chathub-dev/chathub: All-in-one chatbot client

しかも、ChatGPTと同時表示。

ソースをきちんと見ていないからわからないけれど、簡単なのだろうか?

|

« タコ飯のレシピ | トップページ | キラキラ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タコ飯のレシピ | トップページ | キラキラ »