« 様子見 | トップページ | こちらは、まだまだ »

2023年3月26日 (日)

やはり温度か

夜中に雨が降り始め、日中は、ちょっと止む時はあったけれど、基本、雨。

 

Xiaomi Redmi 9Tのバッテリーの持ち具合が、また変わった。

20-80%運用で、去年は、4日ほど持っていて、1月に、Android 12にアップグレード後、しばらくは、それより持っていた。

が、しばらくすると、3日ほどしか持たなくなった。

Androidシステムが、時々、「暴れて」いたのが原因。

で、最近は、先々週くらいから、またバッテリーの持ちがよくなって、4日に戻り、先週は、5日持った。

不思議なことに、Androidシステムは、あまり暴れていない。

どういうことなんだろう?

先々週くらいから、暖かくなったのは確か。

やはり温度か?

気温が上がったことにより、バッテリー自体の温度も上がって、少しは持ちがよくなったのだろうか?

が、Androidシステムが暴れていない理由は何だろう?

寒いと、Androidシステムは暴れるのか?!
寒い寒いって!
で、動き回って、自身(バッテリー)を温めようっていう。(苦笑)

あながち否定できないんだよね。

重い処理をすると、バッテリーの温度は上昇する。

だから、バッテリーの温度が低いと判断したAndroidシステムは、自身が暴れて(活動して)、バッテリーの温度を上げようとする。

本当かどうかわからないけれど、ただ単に温度だけの問題だろうか?

さっぱりわからない!

バッテリー持ちがよくなった、というか、元に戻ってくれたのは嬉しいのだけれど、煮え切らない。(苦笑)

 

|

« 様子見 | トップページ | こちらは、まだまだ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 様子見 | トップページ | こちらは、まだまだ »