« 反応してしまう | トップページ | これは便利になった »

2023年6月11日 (日)

また新たな

朝、しばらくは雨。

南西から東北に長い雨雲。

風の流れもその方向だったので、ちょうど雨雲が切れる境い目だったのに、なかなか雨雲が切れなかった。

西から風が吹いていたら、結構早い時間に雨は上がっただろうに。

お昼前に、雨が上がった。

 

この間から、ちょっと違う紫陽花を撮影していて、気にはなっていたけれど、ちゃんと撮影していなかったので、もうちょっと撮影しようと思って、そこに行ってみた。

その紫陽花の近くに、スミダノハナビがあるのに気付いた。

ここのはまだ小さい。

蜘蛛の巣に、雨の雫が。

あの大きなスミダノハナビ、一体どのくらいの年数であの大きさになったのだろう?

で、気になっていたのは、これ。

雨の雫がのっかっていて、ちょうど、太陽が出たので、光っている。

調べてみると、ティンカーベルと言うらしい。
うん、なんかそれっぽい雰囲気だ。(笑)

これは、シンメトリーになっていて、気に入った。

背景がボケるからいい感じ。

真ん中あったりが、クチュクチュッとなっているのがいいね。

口をすぼめているようにも見える。

どうも、自分の場合、赤系の紫陽花が好きなようだ、というか、気に入るみたいだ。

少しの間だけ、太陽が出て、うっすらと暈が。

別の場所に、青紫色のアツミシボリが。

今まで、咲き始めのものしか撮影していなかったけれど、開くとこんな風になるんだね。

赤紫系。

これも紫陽花??と思いながら、撮影。

アップで。

今まで撮影してきたものと違う雰囲気だね。

調べてみると、カシワバアジサイのスノーフレークと言うらしい。
ティンカーベル同様、これも、その名前っぽい雰囲気だね。

今まで、紫陽花の種類って、全く気にしていなかったけれど、一杯あるんだねぇ。

今日も、また新たな紫陽花群の発見だった。

しばらく、紫陽花探究が続きそうだ。(笑)

|

« 反応してしまう | トップページ | これは便利になった »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反応してしまう | トップページ | これは便利になった »