« 違う被写体と | トップページ | 何かに見える »

2023年8月23日 (水)

未明の

何やら外が騒がしい。

 

それで目が覚めた。

その音は、ゴロゴロという雷の音。

寝ぼけていたので、しっかりと見たわけではないけれど、時間は、朝4時頃。

音はなかなか収まらず、というか、ドンドンと大きくなる。

そして、雨が降る激しい音も聞こえてきた。

うっつらうっつら状態だったので、あまり覚えていないけれど、ズドーン、バリバリ、というような雷の落ちる音は聞こえなかったと思う。

しばらくすると、静かになり、また眠りについた。

朝起きて外を見ると、その騒がしかった未明の雷や雨は、本当にあったのか?!と思うような雰囲気だった。

時間を遡ってみてみると、姫路辺りをピンポイントに襲った、雷雨の雲のようだった。

ちょっと時間がズレているけれど、四角やバツは、雷マーク。

雨も雷も結構激しかったようだ。

ネットで情報を見ると、大阪の方から、この姫路の雷の光る様子が見られたのだそうだ。

よっぽど高さがあって、激しく光っていたんだねぇ。

幸いだったのが、落雷→停電ではなかったこと。

最近、姫路って、こういうのがあるね。

 

日中は、相変わらずの夏日。

いっとき、雲が広がって、曇るのかな?と思ったら、すぐに青空が見えた。

今日もモコモコ雲が見られた。

モコモコ雲は、陰影があって、立体感があるのがいい。

空も綺麗だね。

その昔、こういうパノラマ写真が出た頃は、見た目が違うから、とても印象的だった。

雲なんかは、こうやってパノラマにすると、横の広がりが感じられるから、余計にいいね。

 

夕方。

まさか、また雷雨があろうとは!

未明の雷雨と似たような感じだね。

雷はそれほどではなかったけれど。

こんなことってあるんだね。

|

« 違う被写体と | トップページ | 何かに見える »

日本写真 姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 違う被写体と | トップページ | 何かに見える »