« 一輪だけ | トップページ | 「I RECORDED YOU!」の次は »

2023年11月14日 (火)

Explorerのフォルダ/ファイル表示パネル上で、Ctrlキー+マウス・ホイール

朝からいい天気。

室内だと寒いから、外はもっと寒いんだろうな、と思って出てみたけれど、日中であれば、暖かく感じた。

太陽のありがたみがよくわかった!(笑)

 

ブラウザの画面上で、Ctrlキー+マウス・ホイールをすると、文字が拡大/縮小するのはよく知られていると思う。

ふと思った。

同じように、Explorerのフォルダ/ファイル表示パネル上で、Ctrlキー+マウス・ホイールしたらどうなるのだろう?と。

ファイルを扱うExplorerの、フォルダやファイルが表示されている右側の画面ね。

ブラウザと同じように、フォントが拡大/縮小するのかな、なんて思ったけれど、いや、そんなことはないか、と思いながらやってみてビックリ。

フォルダ/ファイル表示形式が、次々と変わった!

アイコン表示、並べて表示、一覧、コンテンツの4種類。

その中で、アイコン表示や並べて表示のアイコン/サムネイルのサイズが変わって、45パターン(マウス・ホイール下向き/手前)/43パターン(マウス・ホイール上向き/奥)となった。

何故か、マウス・ホイールの向きによって、パターンの数が違っている。
どうも、小アイコンで、マウス・ホイール上向きの時に、2つ飛ばしているようだ。
何度かやってみたのだけれど、このような結果になった。不思議。
もしかしたら、自分の環境だけかもしれないけれど。

なんであれ、Explorerのフォルダ/ファイル表示パネル上で、Ctrlキー+マウス・ホイールをやって、その変わり様を見てほしい!

次々と変わっていく様は、なかなか面白いよ。

これを知っていれば、フォルダやファイルの表示形式を変える時、いちいち、メニューの「表示」の中で、レイアウトを選択する必要性がなくなる。

案外このことを知っている人は少ないかもしれない。(笑)

|

« 一輪だけ | トップページ | 「I RECORDED YOU!」の次は »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一輪だけ | トップページ | 「I RECORDED YOU!」の次は »